Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄県民の55%が帰国後50年間で不幸:世論調査





この写真は、1972年5月15日に米国が日本の主権に復帰した沖縄県那覇市のメインストリートを示しています。 (共同通信)

沖縄県那覇市(京堂)-半世紀前に米国から帰国した後、沖縄県民の55%が歴史に不満を持っている、共同通信の調査が土曜日に示し、この歴史の重荷を浮き彫りにした。 国内で米軍の大部分をホストしています。

沖縄が5月15日に日本政権に復帰してから50周年を迎える前に行われた郵便調査では、94%が復帰を歓迎していることがわかった。

危機からの脱落に憤慨した人々の40%は、米軍基地の強化と削減にほとんど進展がなかったことを示した。

沖縄でのホスティングの負担については、83%が他の県に比べて不釣り合いに大きいと考えています。

41%が帰国後、県の歴史に「満足」していると答えた。 その中で、31パーセントが彼らの人権は日本国憲法によって保護されていると述べました。

沖縄は、第二次世界大戦で敗北した後、1952年に日本が主権を取り戻した後も、1972年まで米国の支配下にありました。

県は日本の総面積の約0.6%を占めていますが、それでも日本の米軍施設が独占的に使用する総面積の70%を占めており、抗議活動が続いています。

世論調査では、58%がこれらの施設を大幅に削減すべきであり、14%が完全に撤去すべきだと考え、75%が沖縄の米国基地の一部を島から他の地域に移すべきだという見解を支持した。 地方。

一方、26%は現在の状況に問題がないと答えた。

日米は宜野湾の住宅街にある米海兵隊空軍基地風天間基地を名護市辺野古の人口の少ない沿岸地域に移すよう迫っています。 しかし、沖縄県民が計画を分割したため、輸送は停止された。

調査によると、67%が計画を支持していませんでした。 そのうち35%がプロジェクトの中止と空軍基地の閉鎖を要求した。

調査対象者の76%が米国への親近感を表明したものの、51%が米軍を信頼していないと述べました。

地域経済については、93%が他の州との格差を感じていると答えた。 沖縄の更なる発展を確実にするために、48パーセントは教育の分野でもっと努力がなされるべきであると信じています。

調査はまた85パーセントが沖縄人であることを誇りに思っていることを示した。 帰属意識について尋ねたところ、70%が日本人よりも沖縄人であることを意識していると答えた。

調査は、3月から4月にかけて沖縄全域で18歳以上の住民1,500人を対象に実施されました。

READ  黒田氏は円安の警告を強め、動きは「かなり速い」と述べた