Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

沖縄-日本は太平洋近くの中国の調査船の存在に反対している

日本は沖縄近郊で中国の調査に反対

日本のメディア報道によると、日本の沿岸警備隊は、日本の当局が日曜日に調査を実施することを期待して、中国の偵察艦を排他的経済水域から撤退させた。

同日、読売新聞は月曜日、日本政府が外交ルートを通じて北京で抗議行動を行ったと報じた。

新聞によると、沖縄県那覇市からの日本のパトロールボートが、波照間島の南102海里の午前9時35分、日本の排他的経済水域から12マイル以内で発見された。 報告書は、沿岸警備隊が研究活動を無許可と見なしたと述べた。

波照間島は沖縄県の一部です。

新聞は、中国の船のワイヤーのような物体が海に伸びていたと報じました。それは沿岸警備隊にそれが研究をしていると信じさせました。

読売新聞によると、正午ごろ、中国船は巡視船の操業停止命令を出した。

報告書によると、これは2019年7月以来の中国の海事調査船のこの地域への最初の航海です。

日本のゴールデンウィークの休日のため、日本の外務省と沿岸警備隊の当局者は火曜日に電話でコメントすることができませんでした。

東シナ海の日曜日の視界から北に222海里にあるセネカ諸島は、日本が支配しているが中国と台湾が領有権を主張している5つの無人島が点在しています。 Sengakasはしばしば中国の船によるデモのための組織です。

[email protected]
ツイッター: MatthewEmberg1

[email protected]
ツイッター: 花楠本アナ

READ  居酒屋百日-大阪、日本