Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

没入型シュルレアリスム: 日本から年次 MFA 映画祭で大林宣彦の「ホーム」を探索 | 芸術

没入型シュルレアリスム: 日本から年次 MFA 映画祭で大林宣彦の「ホーム」を探索 | 芸術

ボストン美術館は、ユニクロと共同で毎年開催する日本発映画祭で、美術に対する一般的な認識に挑戦します。 フェスティバルのプレミアは2月23日午後7時に開催され、1か月半にわたるイベントがホラー映画で幕を開けた。 大林宣彦監督の『ハウス』はホラーコメディとして1977年に公開されたが、2009年と2010年に北米で広く公開された。 この映画は、夏休みを利用して大林宣彦の家を訪れる7人の女子生徒の物語を描いています。 少女たちの叔母の一人。 彼らは最初はその訪問に大喜びしていましたが、時間が経つにつれて、その家に滞在した結果、ますます恐ろしい超常現象に遭遇するようになります。 この映画の出来事は、まばゆいばかりで、爽快であり、同時に超現実的でもあります。

毎年恒例のこのフェスティバルでは、新しい視聴者を祝い、日本の映画と文化を紹介する幅広い新旧の映画が上映されます。 「ホーム」は手描きのマットな 2D 背景を特徴としています。 グラフィックの動きを停止します。 幻想的なフィルターと芸術的に額装されたポートレートショット。 これらの芸術的要素は、ショット間のトランジションの解決、フレームのフリーズ、フレーム中央の拡大画像、時代遅れの特殊効果、部分的なグリーン スクリーンなど、映画の奇妙でありふれた側面に統合されており、映画を騒々しく爽快なものにしています。 しかし、とても魅力的な時計です。

一見すると、この映画は、美術がどのようなものであるかという概念に挑戦していると主張する人もいるかもしれません。ライブや演劇の追加効果、気持ち悪いセットやショットのデザイン、時代遅れのパワーポイントのトランジションがすべて、別の形式で上映されている映画に組み込まれています。息苦しい博物館。 世俗的かつ精緻な彫刻、芸術品、工芸品が展示されています。 それにもかかわらず、この映画の真の芸術性は、特に日本文化や映画を愛する視聴者にとって、映画の敵対者の目から不気味にきらめく緑色の光線とほぼ同じくらい明るく輝いていました。 この映画の幽霊のような設定は日本の民間伝承や神話を彷彿とさせ、映画の名高い家自体は、畳(床材としてよく使用されるマットの一種)や襖(引き戸として機能することが多いスライド式の長方形のパネル)など、日本の伝統的な建築およびデザイン要素を反映しています。 。 小林亜瀬と吉野美紀が作曲したサウンドトラックには日本のポップスとロックが含まれており、映画の主人公たちは1970年代の日本の若者文化の側面も体現しています。 伝統的な美学を覆すこのイベントの能力は、映画の不条理でコメディー的な要素を考慮すると、はっきりと明らかになります。

このフェスティバルは、MFA に必ずしも頻繁に来ない人々を魅了することができましたが、ショーの実際の雰囲気と演劇性は残念なものでした。 MFA に入ったとき、劇場を見つけるのは難しく、映画やイベントの視覚的な宣伝もほとんどありませんでした。 そこには、フェスティバルのような楽しさやエネルギー、さらには新しいフェアのオープニングの豪華さと王族さえも欠けていました。 会場は、表現力豊かで斬新な服やアクセサリーを身につけた人々で溢れていました。 上映会には多様な観衆が集まったにもかかわらず、このイベントは外国の映画祭というよりも、地元の無名な劇場で 1950 年代のアメリカの古典作品を深夜上映しているような印象を受けました。 直接的な盛り上がりはなく、フェスティバルの第一印象はパッとしませんでした。 このイベントは理論的には美術の新しいイメージを呼び起こすことになるが、そのような定義の拡大は美術館にとって優先事項ではなかったようだ。 革新的な演劇と日本文化を称賛し探求する可能性は、国務省によるこの映画の上映では完全には実現されていないように思われる。

結局のところ、芸術省が毎年開催する日本映画祭は、日本映画に焦点を当てながら、誰が何を構成する美術の範囲を広げる優れたフォーラムですが、できれば将来の上映では、芸術の祭典を具体化することに重点が置かれることを願っています。物理的な世界の文化と芸術。 映画祭の映画が目指す空間。

READ  ブリトニー・スピアーズが共有した後、ソーシャルメディアから「休憩」| ブリトニースピアーズ