Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

法定利益はダイナムジャパンホールディングス (HKG:6889) の収益を反映していない

あまりにも 株式会社ダイナムジャパンホールディングス ( HKG:6889 ) は好決算を発表し、投資家は弱気になっているようです。 当社の分析では、堅実な基盤の上に大きな利益が築かれているため、投資家は楽観的であり続ける必要があることが示唆されています。

ダイナムジャパンホールディングスの最新分析をご覧ください。

SEHK:6889 2024年6月7日時点の収益と収益履歴

異常品目の収益への影響

重要なのは、当社のデータによると、ダイナムジャパンホールディングスの昨年の利益は、異常事態により14億円減少したことが示されています。 珍しいアイテムによる減点は、最初は残念ですが、明るい兆しもあります。 世界中の上場企業のほとんどを分析したところ、重大な異常項目が繰り返されていないことが多いことがわかりました。 結局のところ、それが会計用語の意味です。 ダイナムジャパンホールディングスがこれらの特別費用を再考しなければ、他のすべてが同じであれば、来期の利益は増加すると予想されます。

注記: 私たちは常に投資家にバランスシートの健全性を確認することをお勧めします。 ダイナムジャパンホールディングスの貸借対照表分析はこちら。

ダイナムジャパンホールディングスの収益実績をみる

ダイナムジャパンホールディングスは、昨年の利益から異常項目が削減されたため、今四半期の業績の改善が期待できると言えるでしょう。 この観察に基づくと、ダイナムジャパンホールディングスの法定利益は、実際には潜在的な収益を過小評価していると考えられます。 また、過去1年間でEPSを成長させるという素晴らしい仕事をしました。 もちろん、収益を分析するにあたってはほんの表面をなぞっただけです。 他の要因の中でも、マージン、成長の予測、投資収益率などを考慮することもできます。 このことを念頭に置き、リスクを十分に理解していない限り、株式投資を検討することはできません。 例えば、ダイナムジャパンホールディングスです。 3つの警告サイン (および 2) については知っておくべきだと思います。

本日は、ダイナムジャパンホールディングスの収益性の性質をより深く理解するために、データポイントに焦点を当てました。 しかし、心を小さくすることに集中できれば、もっと発見できることがあります。 自己資本利益率が高いことは、ビジネスの質が高いことの良い兆候であると考える人もいます。 少し調べてみる必要があるかもしれませんが、これを見つけることができます 無料 高い株主資本利益率を誇る企業のコレクションや、重要なインサイダーが保有する株式のリストが役立ちます。

評価は複雑ですが、私たちはそれを簡単にするお手伝いをします。

詳細な分析をチェックして、ダイナムジャパンホールディングスが過大評価されているか過小評価されているかを確認してください。 公正価値の見積り、リスクと注意事項、配当、インサイダー取引、財務の健全性。

無料分析をチェックしてみる

この記事についてコメントがありますか? 内容が心配ですか? 連絡を取り合う 直接ご連絡ください。 あるいは、編集チーム (宛先) Simplywallst.com に電子メールを送信してください。

Simply Wall St によるこの記事は一般的なものです。 当社は過去のデータと偏りのない方法論を使用したアナリストの予測に基づいた解説のみを提供しており、記事は財務上のアドバイスを目的としたものではありません。 これは株式の売買を推奨するものではなく、お客様の目的や財務状況を考慮したものではありません。 私たちは、基礎データに基づいた長期的な焦点を絞った分析を提供することを目指しています。 当社の分析では、価格に敏感な企業の最近の発表や質の高いコンテンツは考慮されていないことに注意してください。 Val St は、言及されたどの銘柄にもポジションを持っていません。

READ  バルセロナ、日本での契約満了後、アンドレス・イニエスタをスペインに戻すことを検討 ▷ SportsBrief.com