Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

注意:日本で望ましくない採用戦術につながるタイトな労働市場





大学生やその他の求職者は、2022年3月に東京ビッグサイトで開催された合弁事業の就職説明会の会場に向かいます。 (京都)

東京(京都)-新卒者を採用しようとする日本企業間の激しい競争により、一部の企業は厳格で専門的な戦術に従事するようになりました。

政府-19は、流行中の募集の遅れ、商品やサービスの需要の増加により復活しました。 さらに、日本の長年にわたる人口問題は、労働環境における競争を煽っています。

来春の大学院生や他の求職者への面接は6月1日から正式に始まったが、多くの企業は当初、競合他社に先んじて彼らを奪うことを期待して、将来の従業員を採用した。

しかし、企業は積極的にこれらの新入社員を法的拘束力のない契約にとどめ、撤退する意思を示した場合は嫌がらせのポイントに追いやろうとするため、次に来るのは問題があります。

東京の私立大学を間もなく卒業しようとしている21歳の学生は、最近、大手小売業者の採用担当者から、入社を拒否したとして回答を求めるよう圧力をかけられました。

昨年12月、彼は非公式の求人を受け取り、小売業者の要請により3月に書面による宣誓供述書を提出しました。

しかしその後、彼は希望する会社から非公式の求人を受け取り、その申し出を拒否する意向を小売業者に知らせました。

採用担当者は、彼が会社に「嘘をついた」かどうか、そして彼女がその約束の意味を理解したかどうかについて、約30分間彼に質問しました。

内閣府の調査によると、今年3月の卒業生の11.6%は、就職先の企業と同様の経験をしており、前年より2.6%ポイント増加した。

この増加は、企業が新入社員を保護する際に直面する課題を反映していますが、新入社員を採用する意欲は、それが始まる前に雇用者と従業員の関係を侵食します。

雇用情報サービス会社DiscoInc. 調査では、42.2%の企業が新入社員の採用に「困難」または「より困難」を感じていると回答し、前年比14.1%増加した。

別の民間部門の調査によると、2023年3月の卒業生の総雇用は4年ぶりの増加を表しています。

要するに、企業は限られたセットから新しい大学卒業生を募集するために競争しています。

政府は6月1日を正式な採用開始日と定めているが、日付に制限がないため、卒業生の65.4%が5月15日までにすでに非正規雇用になり、前年より6.2ポイント増加する。 大手求人情報サービス会社リクルート株式会社

多くの企業が規則を回避することを余儀なくされているという事実は、最悪の採用状況を証明しています。

一方、非公式の雇用を受けた学生の43.0%は、就職活動をしたいと述べた、とリクルートは語った。

東京の私立大学で勉強している21歳の男子学生は、4社から一時的なオファーを受けており、参加したい企業が今月から面接を開始するので、選択肢を開くと述べた。

日本の法制度は、採用プロセス中の採用担当者の保護において衰退しているようです。

2020年6月に、大企業が女性に嫌がらせをしたり、職場に強制したりすることを防ぐ法律が施行されました。 今年の4月には、規則が中小企業に拡大されました。

しかし、それは従業員を保護するだけです。 国のガイドラインによると、卒業後の就職を希望する学生からの嫌がらせの苦情にもかかわらず、「適切な対策を講じる」努力が必要なのはやむを得ないことです。

「学生は就職先が無料なので、嫌がらせを恐れることなく、選択した企業に応募する必要があります」と雇用コンサルタントのダニデマサノ氏は述べています。 「オプションには、問題が発生した場合に大学のキャリアセンターにアドバイスを求めることも含まれます。」

READ  7月末までにすべての成人が予防接種を受けた場合、日本は4番目のウイルス発生に直面します:分析