Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

洞察:日本の国境の島民は台湾人が攻撃から逃れるのを助ける計画の欠如を非難

洞察:日本の国境の島民は台湾人が攻撃から逃れるのを助ける計画の欠如を非難

与那国島、日本、12月5日(ロイター) – 鷺原尊吉さんは、与那国島に到着した最後の難民の何人かを覚えている。ベトナムから2,000キロ以上を旅して日本の西端沖合の島に到達した4人だ。 1977年のことでした。

80歳の崎原さんは、戦争が終わった後、港の近くにある家族の店でグループと対峙した113人のベトナム人のうちの一人だったと語った。

現在、与那国島の一部の住民は、孤立した前哨基地と人口1,700人未満に対処する能力が備わっていないと言って、新たな難民危機を予測している。 与那国島からかろうじて見える西約110キロの台湾は人口2400万人の自治島で、中国は自国の領土だと主張し、中国政府は模擬ミサイル攻撃やその他の軍事攻撃で威嚇している。

紛争の可能性を懸念し、日本は第二次世界大戦以来最大規模の防衛力強化に着手した。 しかし、この2,900億ドルの支出には、与那国島を潜在的な人道的危機に備えるための並行計画が欠如しており、鷺原氏ら住民らは、すぐに与那国島が圧倒される可能性があると主張している。

ロイターグラフィックス ロイターグラフィックス

ロイター通信とのインタビューで、100人以上の現・元日本政府関係者や在留者は、もし中国が台湾を攻撃すれば、数千人の難民がボートで与那国島への到達を試みる可能性があると語った。 しかし、東京には彼らに対処する計画はなく、地元住民の助けを求める声も聞き入れられなかった。

与那国町の糸数憲一市長は連邦政府について「彼らの口をテープで塞がれているようなものだ」と語った。 彼の町役場の掲示板には、ベトナム人の到着を含め、島を襲った台風やその他の危機が列挙されていた。

糸数氏は、7月に与那国島に到着した際、日本の松野博一官房長官に支援を直接訴えたが、やはり返答は得られなかったと述べた。

一部の米国当局者は、中国は2027年までに台湾に侵攻する準備ができている可能性があると述べている。 中国の習近平国家主席は先月、ジョー・バイデン米大統領に対し、そのような計画は存在しないと述べたが、1月13日の大統領選挙を前に台湾に圧力をかけている。 中国政府が分離主義者とみているシンテ氏が勝利するだろう。

台湾外務省は、人道的緊急事態について日本と話し合ったかどうかについての質問には答えなかったが、台北は性急に行動したり、中国の圧力に屈したりするつもりはないと述べた。

内閣官房報道官は「大量の難民が日本に到着した場合、関係省庁が連携して対応する」と述べた。

与那国島に具体的な計画があるかどうかについてはコメントを避け、島長が直接松野氏に支援を求めたかどうかは分からないと述べた。

危機的状況

ロイターの取材に応じた9人の現高官と6人の元高官は日本の緊急事態計画に精通しており、そのうちの何人かは公にコメントする権限がないため匿名を条件に語った。

台湾難民は海路で日本に逃れる可能性があるものの、紛争の性質や予想される人数を予測するのは難しいと彼らは述べた。 日本政府はそのようなシナリオについて公には言及していない。

海上保安庁関係者は「数百隻の船舶が存在する可能性があり、中国による封鎖は阻止できないだろう」と述べた。 岸田文雄首相が本部長を務める内閣官房は松野氏が指揮し、計画の策定を担当する。

現・元当局者らは、政府は、日本がこれまで見たことのないほど多くの難民を選別し、輸送し、食事を与え、収容しなければならない複数の省庁、地方自治体、機関が関与する複雑な人道的対応プログラムではなく、軍事インフラに焦点を当てていると述べている。 。

移住政策研究所は、日本政府よりも広い定義を用いた国連の数字を引用し、2022年に日本には約1万8000人の難民がおり、そのほとんどがミャンマーからだと述べた。 ヨーロッパと中東で紛争が起きる中、ドイツには200万人以上、ポーランドには約100万人が住んでおり、その多くはウクライナ出身者だ。

ワシントンのNMVコンサルタント会社で元国務省日本担当部長のケビン・マーハー氏は、日本政府は相当数の難民を受け入れるかどうかについて政治的決断を下さなければならないだろうと述べた。

「日本は大量の許可には消極的だが、政策が何であれ、実際に水に浮かぶものはすべて日本に持ち込まれる可能性がある」とマーヘル氏は語った。

素晴らしい仕事だ

日本の自衛隊のトップである吉田義秀大将は、昨年ポーランドを訪問した際、ロシアのウクライナ攻撃によって引き起こされた難民危機を直接目撃したと述べた。

同氏は東端の徳之島で「もしこのようなことが身近で起きた場合、我々も同様の人道的対応をしなければならないが、自衛隊任せにするのではなく、政府全体で十分に検討しなければならない」と語った。 与那国島を含む列島では、11月19日に日本軍による海岸上陸訓練を視察していた。

あの日、台湾 台湾海峡で中国の航空機と軍艦を発見 戦闘準備パトロールを実施。

東アジアが昨年警告したように、与那国島が第二のウクライナとなった場合、与那国島に駐留する約200人の自衛隊は難民危機に真っ先に対応できる部隊となる可能性がある。

しかし、岸田氏の軍事体制を概説する100ページ以上の文書の中で、難民について言及されているのは、国連との協力に関する一般的な言及の中で一度だけである。

日本の考え方に詳しいある米当局者は、公的にコメントする権限がないため匿名を条件に語った。

たとえ難民計画を立てていたとしても、岸田氏は依然として一つの障害に直面するだろう。それは、与那国島を管理する沖縄政府との論争の多い関係である。

玉城デニー知事は、州内の米軍の削減を望んでおり、岸田氏の軍拡に反対し、船に積まれた移民を管理するのは首相の仕事だと主張している。

同氏はインタビューで「地方自治体に委ねられているが、その権限と財源はまだ明確に定められていない」と述べた。 沖縄では、第二次世界大戦で島民の4人に1人が死亡したことと、それ以来の多大な軍事駐留をめぐり、東京に対する怒りが根強く残っている。

3月、沖縄県と東京の当局者は、与那国島を含む日本の南西諸島の約12万人の住民と観光客の避難をシミュレーションする初の机上訓練を開催した。避難には1週間かかると推定されている。

国士舘大学防災救急医学研究所の中林宏信氏は「台湾から人が来ないという保証はなく、体制がパンクするだろう」と語った。

共有するには十分ではありません

与那国の33歳の長浜聡さんは、政府が難民に対する人道支援プログラムを持っていないことを知り驚いた。

「私たちには何も対処できないと思う。政府は彼らを別の場所に連れて行くべきだ」と台湾に最も近い港で、漁船からブルーカジキを引き揚げて氷に詰めた同氏は語った。

ベトナム難民の鷺原さんを一時収容していたコミュニティセンターも10年間閉鎖されており、崩れかけたコンクリートの壁は緑のネットで覆われている。

政府の支援がなければ、難民危機に対処するのは島の警察官2人か、元兵士の津鎌幸治さん(65)を含む役場の役人に任されるだろうと住民もいる。

災害管理の強化のために4月に雇用されて以来、菅間氏の仕事の1つは、島の周囲にある3つの重い鉄製の容器に詰められたボトル入りの水や調理済みの食事を含む緊急物資を住民に調達することであった。

「1日か2日なら大丈夫だろう」と彼はそのうちの1つに立って言った。 「共有するには十分ではありません。」

ティム・ケリー、金子かおり、豊田由紀子によるレポート。 台北のベン・ブランチャードと東京の築山健太郎による追加レポート。 編集:デヴィッド・クラショー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  エディトリアル | 地方議会は、コミュニティの多様性を反映するための改革が必要です