Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

津波堆積物は、日本を襲った古代の巨大地震を明らかにします

研究者たちは、これまでに記録されていない古代の巨大地震の証拠を発掘しました。その特性は、現在、次の壊滅的な地震に備えて日本を準備するのに役立っています。

「私たちの教育目的は、地域の地形の観測に基づいて過去の揺れを検出することですが、私たちの研究の結果が、災害による被害を最小限に抑えるための対策に反映されることを願っています」と古生物学研究者の宍倉正信氏は述べています。 産業技術総合研究所(AIST)。

科学者や政府関係者は、国が被害を軽減できるように、強い地震の可能性をもたらすための努力を推進してきました。

地下、地質、地理的特徴に関する新しい研究製品に貢献する可能性があります。

AISTや他の組織が9月に発表した調査によると、約1、000年前にシバ県のポソ半島でリヒター8の範囲で測定されたこれまで知られていなかった地震の1つ。

調査団は、半島から太平洋に向かって東に約60キロ離れた九十栗浜海岸近くの水田の地下堆積物を調査した。

「ジオスライサー」と呼ばれる装置を用いて地表から1mから1.5mの深さの水田堆積物を発掘したところ、化石性有孔虫とアメーバ化石の存在が明らかになりました。 すべての海洋環境で見られます。

古生態学を専門とするAISTの主任研究員である澤井有希氏は、有孔虫の蓄積と堆積は津波によって砂の堆積物が洗い流されたことを示していると述べた。

層状に残っている水生植物の果実や昆虫の化石の放射性炭素年代測定は、堆積物が約1、000年前に形成されたことを示しています。

澤井の研究チームは、津波は地域全体を水没させる可能性のあるマグニチュード8の地震によって引き起こされたと結論付けています。

別の研究プロジェクトは、1703年にマグニチュード8.2、平均マグニチュード2、300年のマグニチュード8.2の地震が近藤地域で発生したという主要な理論と矛盾していました。

東京大学とAISTの科学者は、過去6、300年の間に500年から2、800年前の間に少なくとも5回の地震があったと言います。

トレンチ型地震を研究するAISTチームの責任者であるシシクラ氏は、半島の海岸段丘の堆積物で見つかったアサリは、そのような地震がいつ発生したかを判断するのに役立つ可能性があると述べた。

将来のメガイベントに関する政府の長期予測は、数百年の期間にわたって古代のテキストから発見された地震活動に基づいていました。

2011年3月にマグニチュード9.0の地震と津波が発生し、国の北東部で約18,000人が死亡または失踪した後、交換されました。

この災害により、政府は、津波堆積物や地上に残っている古い文書を分析する従来の方法を使用して、予測と災害の準備およびイベントを可能な限りカバーするための予測を再検討するようになりました。

古代の地震を検出するための堆積堆積物の研究の結果は、現在、政府の地震の長期予測に組み込まれています。

2017年に発表された推定では、政府は、北海道と千島列島として知られる志島諸島の近くの太平洋に広がる志島トレンチで非常に強力な地震が発生する可能性を高めました。

北海道東部などの峡谷湿地で発見された津波堆積物の調査を引用。

また、ドーホー地域を南北に走る日本海溝を中心に地震の研究も進んでいます。

政府は新たな調査結果に基づいて、北海道と東京地域の最悪のシナリオでマグニチュード9の地震によって引き起こされた津波で199,000人が死亡するという計画を12月に発表しました。

震源地は太平洋底下で報告されたが、津波警報は発令されなかった。

より高い指標を使用する技術は進歩しており、過去の地震活動の兆候を検出しています。

シシクラは、グラムワームの一種であるポモドリオスクロッシの化石がより良い方法を提供する可能性があると述べました。

これらの種は水面下でのみ発見され、岩のように岩にくっつく癖がありました。 このタイプの化石が現在の海面よりも高いことがわかった場合、それはそれらが水位より下にあったことを意味します。

獅子倉と彼のチームは現在、関西地方の紀伊半島でグラムワームを使った古酵素学の研究に取り組んでいます。関西地方は、南日本から西に広がる南海渓谷で巨大地震が発生する可能性があります。

政府の推定によると、谷でマグニチュード9.1の地震による死者数は323,000人と推定されています。

READ  東京の気温記録を破った熱波が日本を襲った