Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

流行が日本の小売業者のシェアをどのように増加させたか

この記事は、小売業の未来を見据えたFTシリーズの第3部です。

日本の億万長者の三木谷浩史は、多くの人よりも受け入れが遅い国で最大の電子商取引宣教師としての彼の評判を磨いた取引が好きです。

楽天は、三木谷が1997年に設立し、日本最大のオンライン小売業者に合併した会社であり、Viberメッセージングアプリとクーポンサイトの株式を取得し、米国のEbatesでキャッシュバックを獲得しました。

彼の最近の契約がなぜそのような興味を引き起こしたのかを説明する記録です。 三木谷は3月下旬に、新しいアプリに資金を投入する代わりに、楽天の8%の株式を日本郵便に売却することに合意しました。経済。

数十年で小売部門に最大の衝撃を与えたパンデミックから1年以上後、この取引は、日本の消費者にリーチする際の実店舗のネットワークの役割を帳消しにするのは時期尚早であるという証拠として押収されました。

楽天は投資に加えて、配送ネットワークを大幅に拡大し、古い郵便局の買い物客の前にブランドを位置付けます。 一方、日本郵政公社は、オンライン小売業者の支払いと顧客データの使用に関する専門知識から利益を得ることができます。

「この取引の本質は、最大の小売店を持つ日本郵政公社が、最大のデジタルビジネスを運営する楽天と提携していることです」とCEOの高澤宏氏はフィナンシャルタイムズに語った。

合意が、国のレンガとモルタルの小売りのルーツが他の主要経済国よりも深いことを思い出させるものである場合、パンデミックが日本の買い物方法を変えたと誰も主張しません。

日本最大のスーパーマーケットチェーンであるイオンの吉田明生社長は先月投資家に語ったとき、はっきりしていた。

「Covid-19の拡大は、消費者の行動、考え方、価値を劇的に変えました」と彼は言いました。 「デジタルテクノロジーは今や私たちの生活のあらゆる部分に浸透しています。」

扁平足

これは、700万人を雇用するセクターに大きな課題をもたらし、過去10年間で、大きく分割された顧客ベースが重なり合いました。多くの高齢者は、物理的な買い物から育ち、より若く、よりデジタル的に賢い買い物客のホストです。

楽天創業者三木谷浩史

三木谷浩史が楽天の株式を日本郵便局に売却したことは、実店舗での取引の可能性を象徴しています。 ©キースベッドフォード/ブルームバーグ

人口統計は、技術革新の代名詞である国が電子商取引を受け入れるのが遅い主な理由の1つです。

eMarketerの調査によると、インターネットは今年末までに日本の小売売上高の11%近くを占めるようになるでしょう。 対照的に、コンサルティング会社は、オンライン販売が年末までに中国全体の52%、米国で15%、西ヨーロッパで13%を占めると予想しています。

しかし、オリンピック前にCovid-19感染率を低く抑えるために日本が別の緊急事態を課しているため、小売業者はパンデミックの影響の深さを確信していません。

新しい習慣が永続的になるため、一部の人々が減速に陥ることを恐れる兆候があります。 おしゃれなバッグや寝室の家具から伝統的なスイーツまで、あらゆるものを販売している348歳の百貨店経営者である三越伊勢丹の場合ほど明白なところはありません。

FTシリーズ:小売業の未来

このシリーズの記事では、次の内容について説明します。

ウォルマートvsアマゾン:食料品管理の戦い

中国がショッピングの未来をどのように形作っているか

オンライン市場は誇大宣伝に耐えることができますか?

政府が1年前に最初に非常事態を宣言したとき、会社は新しい習慣を急速に開発することを余儀なくされました。 従業員は、4月の学年度の開始に間に合うようにオンラインでバックパックを購入できるようにしたいという顧客からの多数の要求を満たすために、ビデオ通話とメッセージングのためにZoomアプリを利用しました。

それ以来、グループは独自のスマートフォンアプリを開発し、理論的には、新宿の旗艦店で販売されている100万個の商品すべてをオンラインで利用できるようにしています。 このアプリでは、顧客がデフォルトで営業担当者に相談することもできます。

「私たちのスタイリストが何かを購入する前にそのような励ましを探しているクライアントにアドバイスできれば、Amazonや楽天では利用できないサービスを提供できると感じました。 [online]三越伊勢丹上級幹部の三部知英氏は語った。

「私たちは自分たちの存在の意味を再考する必要がある段階にあります」と彼は付け加えました。

東京の証券会社で働く下村優子氏は、COVID-19の危機が彼女のマーケティング方法を変えたと語った。

日本でのeコマース販売

「スーパーに行ってもかまわないが、オンラインでもっとお得だ」と40代の下村さん。

ゲームの終わりに近づいています

伊勢丹のような努力が少なすぎると思う懐疑論者を見つけるのは難しいことではありません。ウェブが消費者へのグリップを拡大するにつれて遅すぎます。

ゴールドマンサックスの日本の株式調査の共同責任者であるXuKawanoは、次のように述べています。 「伊勢丹が10年から15年前にデジタル活動を強化していたら、状況は劇的に異なっていただろう。それは終盤に近づいている。」

伝統的な店の三越伊勢丹は、昨年、学校のバックパックのオンライン需要に適応しなければなりませんでした。©林典子/ブルームバーグ

パンデミックの前でさえ、一部の伝統的な小売業者による自己満足と非情の組み合わせは、ファッションサイトZozoやフリーマーケットアプリMercariなどのデジタル競合他社が獲得する機会を生み出しました。 危機以来、彼らはより良くやってきた。

2018年に公開されたメルカリの株式は、若い世代の日本の消費者が古着、ハンドバッグ、その他のアクセサリーを販売するためにアプリを使用したため、今年初めに新記録を樹立しました。 今年の最初の3か月で、収益は41%増加し、過去最高の286億円(2億6,100万ドル)になりました。

オンラインファッション帝国も、Yahoo Japan ZHoldingsが所有するZozotownの人気が爆発的に高まっています。

これらのオンライン専門家とは異なり、実店舗は、日本最大のスーパーマーケットチェーンの1つであるイトーヨーカドーの中心にあります。 しかし、危機に拍車をかけた同社は、132の店舗とeコマースオペレーションの間のギャップを埋めるために設計された新しいアプローチをテストしています。

日本の小売業における異なる運命を示す再構築された株価折れ線グラフ

菅義偉首相が経済復興を約束して首相に就任したのと同じように、9月には400種類の野菜・果物・肉・鮮魚をお年寄りの家に直送する宅配サービスを開始した。注文。 電話で。

「インターネットに接続せずにオンラインで融合する世界が増えるだろうし、主要なオンラインストア、配送サービス、実際のイトーヨーカドーストア、コンビニエンスストアの間で異なる調整が必要になるだろう」と上級幹部はインタビューで述べた。

危機が伝統的な小売業者を混乱させているので、励ましを提供する1つの会社があります。

利益記録

ユニクロのファッションチェーンのオーナーであるファーストリテイリングは、テクノロジーを活用してユビキタスストアにインテリジェントな電力を供給しながらオンライン販売を拡大できる珍しい例として高く評価されています。

ユニクロの直営店の国内売上高は、9月から2月にかけて前年比5.6%増、オンライン売上高は41%増となった。 市場価値が860億ドルのファーストリテイリングは、今年、記録的な年間利益を見込んでいます。

アナリストによると、この予想外の結果は、ユニクロがオンラインおよび物理的な運用に注力したことによるものです。 現在、ロボットが倉庫を支配しているため、配達する商品の選択がスピードアップしています。 彼女はキャッシュレス決済アプリを立ち上げました。これは、顧客に関するより価値のあるデータを収集するための最新の取り組みです。

ファーストリテイリングのグローバルeコマース活動を担当するCEOのXiaozhouWangは、次のように述べています。 「人々は自分の服を試着したいと思っており、顧客との物理的な接触が必要です。しかし、インターネットは24時間営業であり、顧客に関するより多くの情報があるため、利点もあります。」

日本の長期消費者がより多くのオンラインショッピングにシフトすることは疑いの余地がありません。 しかし、業界は数十年で最悪の損失に直面しているため、将来の成功についての買い物客から小売業者へのメッセージは冷酷なものです。

READ  BTブロードバンドに問題がありますか? 欠陥が確認されたのであなたは一人ではありません