Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

流行の発生が止まった後、東日本で盲目のランナーを収容するマラソンが開催されました





2022年4月17日朝、茨城県土浦市の毎日新聞で撮影された第32回霞ヶ浦マラソンと国際ブラインドマラソンのスタートに向けて、ランナーたちが通りを埋め尽くします。/西夏樹)

茨城県土浦市-コロナウイルスの大流行により2年連続で開催が中止された後、4月17日に第32回霞ヶ浦マラソンと国際盲人マラソンが開催されました。

このイベントには、ウォーキングのカテゴリーに加えて、視覚障害者のカテゴリーを含む8,926人が参加しました。 レースは、東京の北東にある茨城県土浦市のJ:COMフィールド土浦で始まり、終わりました。

1992年のバルセロナオリンピックと1996年のアトランタオリンピックで2度の女子オリンピックマラソンメダリストである有森陽子さん(55歳)は、このイベントの慈善大使としての彼女の役割でランナーを励ましました。

本会議は、茨城県土浦市、かすみがうら市、およびマイニチ新聞社が主催しました。 、スポーツニッポン新聞、その他。

(土浦市役所二脇茂美による日本語原作)

READ  デブライネは、シティが「物語を変える」ためにチャンピオンズリーグのタイトルが必要であることを認めています| マンチェスター