Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海外の魚バイヤーが日本へ出張開始

海外の魚バイヤーが日本へ出張開始

米国、カナダ、シンガポールの水産卸売業者は月曜日、中国による日本産水産物の輸入禁止措置で地元漁業が依然として動揺している東北4県への出張を開始した。

このツアーは、国内の水産業者が自社製品の代替購入先を見つけるのを支援するために、政府系の日本貿易振興機構(ジェトロ)が企画した。

中国政府は東北地方の福島第一原子力発電所の処理水の海洋流出に抗議し、日本産水産物の輸入を禁止した。

ホタテ、キイロウニ、ウニに興味を持つ6社のバイヤーらが月曜朝、青森市の卸売市場で行われた競りを見守った。

その後、青森県沖で水揚げされたクロマグロを検査し、地元の水産卸業者と打ち合わせを行った。

米国水産ホールセールの百瀬義弘最高経営責任者(CEO)は、処理水の放出による「影響は最小限」だが、「中国国民はそれに反応している」と述べた。

百瀬氏は「米国の顧客は(日本の釣り製品が)役立つなら購入したいと考えている」と語った。

火曜日からは卸売業者らが岩手、宮城、福島3県の魚市場や水産業者を訪問する。

READ  真珠湾攻撃後の日本と戦争について米軍はどのように感じましたか