Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海外投資と再生可能エネルギーを促進する日本の中部電力

2013年5月17日、静岡県梅崎にある中部電力のハムカ原子力発電所の5号機原子炉建屋の最上階にある使用済み燃料の水たまりの隣に労働者が立っている。REUTERS/花井トロ(日本-タグ付き:ビジネスエネルギー)環境)

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

東京(ロイター)-日本の中部電力(9502.T)は、2030年の経常利益を達成するために、2030年までの10年間で主にオフショアおよび再生可能エネルギーに1兆円(87億ドル)の戦略的投資を行う予定です。 2,500億円。

同社は水曜日に新しい管理戦略を発表し、日本の2030年の再生可能エネルギー容量の目標を以前の目標である2ギガワットから3.2ギガワットに引き上げました。 現在、約0.63ギガワットの再生可能エネルギーがあります。

同社は声明のなかで、「コアエネルギー事業に加えて、世界的な脱炭素化の急増に対応して、不動産や資源のリサイクルを含むように事業領域を拡大する」と述べた。

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

新たな歳出計画は、2024年3月期までの5年間で、これまでの予算である4,000億円の2倍以上になります。

総額1兆円のうち、4,000億円は再生可能エネルギーと屋外事業の両方に割り当てられ、残りの2,000億円は地域サービスと資源リサイクルに割り当てられます。

他の日本のエネルギー会社と同様に、中部は新たな成長機会を求めて海外投資を増やしました。

Chupoは9月、成長市場で足場を築き、グリーンエネルギーポートフォリオを拡大するために、ベトナムの再生可能エネルギー会社Bitexco Power Corpの20%の株式を購入すると発表しました。

中部電力と日本の商社である三菱商事(8058.T)は昨年、オランダのエネルギー事業を41億ユーロ(46億ドル)と評価する取引でエネコを買収した。

(ドル= 115.0400円)

(1ドル= 0.8918ユーロ)

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(取材)大林優香デビッド・グッドマン編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  インフレ懸念、経済データおよびドルの動き