Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海洋再生可能エネルギーを家に持ち帰るための220mWhのバッテリーストレージを備えた日本のスタートアップビル船

PowerX Power ARK Show、「The PowerTransferShip」。 写真:PowerX。

船舶用バッテリー貯蔵船の開発は日本で始まり、洋上風力から海上で充電され、その後、電力を陸上に戻しました。

スタートアップPowerXは、いわゆる「パワートランスファーシップ」と呼ばれるパワーアークのコンセプトを作成しました。 同社は先週、造船会社の今治造船と提携して、2025年末までにプロトタイプを開発したと語った。

このアイデアは、化石燃料を日本や他の場所に輸入する今日の燃料運搬船に取って代わり、再生可能エネルギーの取り込みを促進することです。 日本天然資源エネルギー庁の2019年の統計によると、国のエネルギーの85%近くが海から輸入された炭素燃料から生成されていました。

将来の電気コンテナ船PowerARKは、220メガワット時のパネルバッテリー容量に対応し、船自体は電気とバイオディーゼルのブレンドで稼働します。

日本で2大造船会社の1つである今張造船所との協力が12月2日に発効しました。 今治は資本・業務提携契約として10億円(886万米ドル)をPowerXに投資しました。

ペアは、必要なサードパーティとプロトタイプを作成します。 スタートアップは、バッテリーストレージシステムとバッテリー関連システムを製造します。

PowerXは、テクノロジー起業家の伊藤正博とNorthvoltの共同創設者のリーダーシップの下で今年初めに設立されました。COOのPaoloCerrutiはその社外取締役の1人です。

同社はまた、外部バッテリーセルから日本に独自の自動バッテリー組立工場を建設する予定です。 年間生産能力は2024年までに1GWhに達し、2028年までに5 GWhに増加する予定です。そこで生産されるバッテリーシステムは、海上エクスプレス貨物、電気自動車、グリッド規模の貯蔵市場に使用されます。

「脱炭素社会の実現は、造船業と海運業が取り組まなければならない大きな課題です」と、今パリ造船社長の東雪人氏は語った。

「この提携は、今治造船が投資し、既存の造船および海運業界とは異なるアプローチで挑戦しているPowerXと提携する絶好の機会であると考えています。」

PowerXのCEO兼エグゼクティブ代表である伊藤正博は、次のように述べています。

READ  ドルは中央銀行の会合に先んじて滑り、勢いを欠いている