Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海洋科学センターでの「ブルーハート」展のオープニング| アートとエンターテインメント

オレゴン州立大学ハットフィールド海洋科学センターのグラディスバレー海洋研究棟に、日本の伝統的な魚拓の民芸スタイルを取り入れた作品の展示が行われています。

アーティストのドワイト・ファンとダンカン・ベリーによる「ブルーハート:アメリカの西海岸に沿った美しさと変化」は2022年10月まで展示されます。オハイオ州立大学海洋研究イニシアチブとハットフィールド海洋科学センターが主催するこの展示会は無料で開かれています。一般に。

魚拓は、被写体の表面にインクを塗り、その上に軽量の紙を置き、被写体の境界が紙に転写されるまでこする方法です。 ファンは伝統的な素材を使用して魚拓の古典的な芸術を作成し、ベリーはインクと最新の塗布方法を使用しています。

25点の展覧会では、各アーティストの作品と彼らがコラボレーションした作品を紹介します。 このコレクションは、太平洋の強さと美しさ、そして西海岸に沿って発生する深く永続的な気候変動を反映しています。

黄とベリーは芸術家への声明の中で、芸術家への声明の中で次のように述べています。巨大な生きている点字…そうすることで、私たちは彼らの人生と変化の素晴らしい物語を目の当たりにします。彼らが毎日適応する劇的な気候条件。

「これらの画像が、気候変動の影響を減らす方法を見つけるために、海、私たちの関係、そして私たちの責任に、より深くつながることを願っています。」

昨年完成したグラディスバレー海軍研究棟は、72,000平方フィートの教室、実験室、オフィスビルで、250席の講堂、カフェ、その他の公共スペースもあります。

ブルーハートギャラリーに加えて、新しい建物には、オレゴンアートコミッションが管理するオレゴンパブリックスペースプログラムのアートの割合を通じて委託された地域のアーティストによる他の多くのアートワークが収容されています。

それらの作品の中には、オハイオ州立大学のアートインストラクターであるマイケルボンストラによる「44°37’19.668 “N124°2’43.86” W(チャールズ用)」があります。 8枚のパネルからなる作品は、写真、デジタル処理、絵画、実地実験のプロセスと、オレゴン海岸沿いの水と環境の現象を組み合わせたものです。

「ThisisWater」は、アーティストのジョー・サーストンによる19の円形ガラスキャビネットまたはガラス陳列ケースのインスタレーションです。 海洋科学キャンパスと近くの水域に関連する画像が表示されます。 1階、メイン階段、2階中二階の入り口にあるインスタレーションは、鏡に映し出された画像がLEDライトで反射されたインフィニティデザインが特徴です。 インスタレーションには、画像に付随する音声も含まれています。

「ブルーハート」やその他のアートワークは、月曜日から金曜日の午前8時から午後5時までの通常の営業時間中にグラディスバレー海洋研究棟で見ることができます。 駐車場は無料でご利用いただけます。 屋内の公共スペースでのマスクの要件を含む、COVID-19に関連する州および大学の方針が実施されています。

READ  オリビア・ロドリゴが2週目も公式チャートを独占