Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海軍監視機が行方不明の日本のヘリコプター乗組員を捜索

海軍監視機が行方不明の日本のヘリコプター乗組員を捜索

2024年4月11日に日本の三沢基地から離陸の準備をする米海軍P-8Aポセイドン。 (アシュリー・ガイア/アメリカ海軍)

東京—土曜日にヘリコプター2機が墜落して以来、行方不明となっている日本人パイロット7人の捜索を支援するため、米海軍が太平洋に航空機を派遣していると木原実防衛大臣が今週発表した。

同氏は火曜日の記者会見で、2人のSH-60シーホーク乗組員の捜索にP-8ポセイドン哨戒監視機が海上自衛隊に参加すると語った。 ヘリコプターは東京の南約370マイルで夜間訓練中に墜落した。

木原氏はポセイドンがいつ捜索を開始するかについては明らかにしなかった。 米国第7艦隊の報道官ジェイミー・モロニー中尉は水曜日にコメントの要請を認めたが、即時返答はできなかった。

木原氏は、ポセイドン号には自衛隊と海上保安庁から約10隻の船舶と5機の航空機が参加し、停電を修復するためヘリコプターも参加すると述べた。 ただし、潮の干満により捜索範囲は時間の経過とともに着実に拡大します。

「いずれにせよ、捜索救助活動を実施し、乗組員7名を一刻も早く安全に救出するために全力を尽くす」と述べた。

防衛軍の海洋調査船 J.S. ショーンもこの取り組みに参加し、水中捜索能力と沈没したヘリコプターの正確な位置を特定する能力をもたらした。

日本の第22航空団に所属していた2機のヘリコプターは土曜日午後10時38分、鳥島の東170マイルの伊豆諸島沖で3機目のヘリコプターとともに対潜水艦戦演習中に行方不明となった。

ヘリコプターには8人の乗組員がいた。 日曜日に1人が発見され、死亡が確認された。

フライトレコーダーは回収されており、国防省は墜落原因を調べるために調査を進めている。 今のところ、機械的な故障の兆候はない、と木原氏は語った。

READ  雨を無視して、日本市場の夏祭りのために街に向かいましょう-スカウトマガジン