Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

漂着した女性は37時間後に海上で救助された

漂着した女性は37時間後に海上で救助された

日本の海岸で泳いでいた女性が海に流されたが、太平洋の80キロ沖で浮き輪に浮かんだ後、37時間後に救助された。

近くを通過する貨物船で偶然発見された中国出身の女性がついに救出されたと当局が木曜日に発表した。 彼らは、暗闇の中で船に衝突しなかったのは幸運だったと言いました。

日本の海上保安庁は、月曜日の夜、東京の南西約200キロ(125マイル)にある下田で水泳中に行方不明になったという友人からの電話を受け、20代の中国人と特定された女性の捜索を開始した。

救助チームによると、失踪当時は強風が吹いていたという。

報道によると、女性は救助後、泳ぎ始めてから約30分後に自分が浮いていることに気づいたと当局に話したという。 彼女はビーチに戻ろうとしましたが、行けませんでした。

沿岸警備隊によると、ボゾ半島南端沖で行方不明になってから約36時間後、水曜日早朝に貨物船に発見された。

貨物船、通過するLPGタンカー、第二鶴和丸 8人が助けを求めた。 当局者によると、乗組員2人が海に飛び込み、女性を救出した。 彼は沿岸警備隊のヘリコプターによって空輸され、陸地に運ばれたという。

沿岸警備隊の映像には、黒い水着を着た女性が海から流される様子が映っている。 救助チームの一人は地元メディアに「私たちは皆、『諦めるな!』と言い合った」と語った。 そして「そこにいてください!」

当局によると、女性は軽度の脱水症状はあったものの、その他の健康状態は良好で、近くの病院で検査を受けた後、退院したという。 医師らは彼の状態は命に別条はないと言ったので、点滴を受けました。

沿岸警備隊によると、男性は80キロ(50マイル)以上移動し、太陽の下での熱中症、夜間の低体温症、暗闇での船外転落などの危険にもかかわらず幸運にも生き残ったという。

READ  日本旅行の計画方法