Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

火星は見事な宇宙船の写真でおいしいキャンディーのように見えます

赤い惑星は、軌道を回るガスクレーターとして食べられるほどよく見えます。

ESA /ロスコスモス/ CaSSIS

この物語はの一部です 火星へようこそ、赤い惑星を探索する私たちのシリーズ。

火星はとても涼しいので、私はそれを食べることができます、そして、Trace Gas Orbiter宇宙船からの写真は、赤い惑星での軽食に対する私の欲求を後押ししました。 欧州宇宙機関は見解を発表しました 12月下旬、彼はこのシーンを「濃厚な赤いケーキに粉砂糖を振りかけるようなもの」と表現しました。

TGOは、欧州宇宙機関とロシアの宇宙機関ロスコスモスの共同ミッションです。 私は昨年の半ばに火星の特徴的な2.5マイル(4キロメートル)の幅のクレーターを見下ろし、素晴らしい写真を撮りました。

欧州宇宙機関は声明のなかで、ケーキのような外観は「光沢のある白い水氷とさびた赤い火星の土壌の対照的な色」に由来していると述べた。 クレーターは、惑星の北極に近い平野地域であるボレアリス荒野の地域にあります。

クレーターの白い氷は、日光があまり当たらない場所で最も強く現れます。 火口の周りの縁は暗い火山性物質によって引き起こされている可能性がありますが、火口を取り巻く縞模様の風景は風の作用からその外観を取得します。

TGOは、ESAとRoscosmosのExoMarsプログラムの一部であり、まさにそれを実行します。 惑星にローバーを送る 今年後半。 宇宙船は大気ガスをカタログ化し、地表およびその近くの水資源を検索します。 科学者が疑ったものを発見しました 火星の巨大な谷にある「隠された水」

火星の将来の人間の探検家にとって食料資源が制限される可能性が高いことを考えると、惑星は真の赤いケーキを決してホストしないかもしれません。 この穴は私たちをプッシュします。

READ  機械的手がかりは細胞死決定の原点