Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

炭水化物と脂肪は寿命にどのような影響を与えるのでしょうか?

炭水化物と脂肪は寿命にどのような影響を与えるのでしょうか?

Pinterest で共有する
新しい研究により、炭水化物と脂肪の摂取に関連した極端な食習慣が長寿に影響を与える可能性があることが判明しました。 画像クレジット: GraphicaArtis/Getty Images。
  • 長寿に関して言えば、炭水化物と脂肪の摂取が少なすぎると寿命が短くなる可能性があることが、日本の新しい研究で明らかになった。
  • この研究では、毎日極少量の炭水化物を摂取する男性は死亡リスクを高める可能性があり、一方、脂肪の摂取量が不十分な女性も同様の可能性があることが判明した。
  • 研究者らは日本の人々を研究しているため、その結果は西洋人にも当てはまるかもしれないし、当てはまらないかもしれない。

名古屋大学医学部が行った新たな研究で、炭水化物と脂肪の過剰摂取が寿命を縮める可能性があることが判明した。 ただし、男性と女性ではリスクが異なります。 すべての研究参加者は募集時に健康状態が良好でした。

この研究では、炭水化物の摂取量が非常に少ない男性は、あらゆる原因による死亡リスクが大幅に増加していることがわかりました。 一方、脂肪をほとんど食べなかった女性は、全死因およびがん関連死亡のリスクがわずかに増加しました。

研究著者らは、炭水化物と脂肪の観点から健康的な食事の複雑な状況を描き、一般的に、行き過ぎは長寿に悪影響を与える可能性があることを示唆しています。

この研究は、 栄養雑誌

炭水化物の摂取に関して、研究グループでは、炭水化物から摂取するカロリーが1日のカロリーの40%未満である男性は全死因死亡のリスクが高いことを研究者らは発見した。

対照的に、女性の場合、カロリーの65%以上を炭水化物から摂取している人は、全死因死亡のリスクが高かった。

研究者らは、最小限に加工された炭水化物を摂取した場合と精製された炭水化物を摂取した場合の効果の間に有意な差がないことを発見しました。

食事の脂肪に関しては、カロリーの 35% 以上をあらゆる種類の脂肪から摂取している男性は、癌や心血管疾患で死亡する可能性が高くなりました。

男性では、脂肪摂取の質を調べたところ、飽和脂肪摂取との明確な関連性は観察されませんでした。 しかし、トランス脂肪の摂取量が少ないと、全死因死亡およびがん関連死亡のリスク増加と関連していました。

女性の場合、より多くの脂肪、特に飽和脂肪を摂取すると、全原因および全原因によるがん死亡のリスクが減少します。

この研究には、35歳から69歳までの男性3万4,893人、女性4万6,440人が参加した。 この年の平均体格指数 (BMI) は男性で 23.7、女性で 22.2 でした。 健全な範囲

心臓専門医によると ミシェル・ローゼンスタイン「研究に参加しなかった人」[t]彼の研究は、女性の減量のための低炭水化物食と低脂肪食が寿命を縮める可能性があることを示唆しています。

臨床栄養疫学者 リンダ・ヴァン・ホーン教授同氏もこの研究には関与していないが、米国人がその研究結果から誤ったメッセージを受け取るのではないかと懸念を表明した。

「それは彼について何も示唆していません [fad diets]「そして、これらの研究はそのようなことをすべきではありません」とヴァン・ホーン博士は言う。 [be] さまざまな集団にわたってさまざまな方法を使用して実施されましたが、そのほとんどは、肥満率が高く、超加工食品の摂取が多く、一般に栄養適正度が低い米国ではありません。

米国では、成人のほぼ 3 人に 1 人、つまり 30.7% が過体重とみなされ、5 人に 2 人、つまり 42.4% が肥満に分類されています。

ヴァン・ホーン博士は次のように付け加えました。 アメリカの食事ガイドライン これらすべての考慮事項を考慮すると、平均 BMI が男性 23.7、女性 22.2 であるこのコホート研究から有用な応用例を抽出しようとするよりもはるかに信頼性が高くなります。

同氏はまた、研究で記述された死亡者の一部は「米国の人口とは異なる貧困と全体的な栄養摂取不足」を表している可能性があると懸念を表明した。

「飽和脂肪の摂取源には、赤身肉、ココナッツオイル、バター、パーム油、全脂肪乳製品などがあります」とローゼンスタイン氏は言う。 ヴァン・ホーン教授はまた、「飽和脂肪はバター、クリーム、ベーコン、加工肉などの動物由来のものである」とも指摘しています。

「トランス脂肪源には、アボカド、オリーブ、ピーカンナッツ、カボチャの種などがあります」とローゼンスタイン氏は指摘する。 ヴァン・ホーン教授は、ナッツや種子全般に加え、コーン油もリストに加えました。

男性が寿命を縮めないようにするために、カロリーの少なくとも 40% を炭水化物から摂取する必要があるとしたら、なぜそうなるのでしょうか。また、なぜ男性は必要な炭水化物を摂取するのに苦労するのでしょうか?

ヴァン・ホーン教授はこう提案しました。[i]この研究では、 [this is] これは、食事の質の低下、貧困に伴う適切な医療の欠如、喫煙、 [and] アルコール。”

「食事は炭水化物が少なく、食物繊維、体の成長に不可欠なマグネシウム、カリウム、ビタミンC、ビタミンB群などの栄養素が不足しています。これらの保護栄養素が不足すると、ある種の病気のリスクが高まる可能性があります。」癌。

-ミシェル・ローゼンスタイン

この研究は、生理活性栄養成分の欠乏が一因である可能性を示唆しています。 具体的には、食物繊維、ヘム鉄、ビタミン、ミネラル、分岐鎖アミノ酸、脂肪酸、植物化学物質が不足していると著者は述べています。

研究著者らはまた、植物源が不足した食事、特に動物性食品が違いを生む場合には、炎症経路を促進し、より急速な生物学的老化を引き起こし、酸化ストレスを引き起こすことが見られると述べている。

ヴァン・ホーン教授は、女性参加者の「BMIが低い」ことを考慮すると、女性は男性よりも砂糖の摂取量とアルコールの摂取量が少なく、したがって脂肪の摂取量が多い可能性が高いと示唆した。

しかし […] これらの疑問は論文では取り上げられていないため、これらはすべて単なる推測にすぎないと彼女は警告した。

ローゼンシュタイン氏は、女性は「心臓を保護するエストロゲンなどのホルモンを十分に生成するために、ある程度の脂肪」が必要だと指摘した。

著者ら自身はこれについて推測していないが、飽和脂肪の摂取が女性の場合のみ死亡リスクと逆相関していると指摘している。

この研究はさらなる研究の必要性を裏付けています。 米国および他の西側諸国の人々については、より地域を代表する集団を対象に同様の研究を実施すると、地域の栄養と健康の状況を考慮した、より実用的な結果が得られる可能性があります。

READ  インフルエンザとRSウイルスが全国的に増加する可能性がある