Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

無実の男の数十年にわたる投獄を探る映画

無実の男の数十年にわたる投獄を探る映画

櫻井章二には「記念日」の分け前がありました。良いことも悪いこともあり、犯していない罪で終身刑を宣告された日のように、理解するにはあまりにもつらいものでした。

監督のキム・ソンウンは、今月初めに公開された彼の新しいドキュメンタリー「My Anniversaries」で、櫻井が信じられないほどの逆境を前向きな考え方でどのように克服し、現在、不正に直面して他の人を助けることに人生を捧げているかについて語っています.

写真は、殺人罪で虚偽の告発を受け、29年間服役した桜井正治(左)と、ドキュメンタリー「私の記念日」のキム・ソンウン監督。 (写真提供:映画「鬼門」)(共同)

現在75歳の桜井は、1967年に逮捕されて以来、最終的に刑務所から釈放されるまで、29年間の不法投獄に耐えてきた. 彼は、最近癌と診断された後も、いつも同じ明るい態度を維持しようとしてきました.

桜井と彼の元同僚である杉山隆夫は、東京の北東に位置する茨城県で 62 歳の男性が殺害された悪名高い殺人と強盗事件である悪名高い「不川事件」で終身刑を宣告されたが、2018 年に無罪となった。再審を経て2011年。

「どんなに泣いても叫んでも、出られないことはわかっていた。だから、その時間を幸せに過ごすように主張しなければならなかった」と、桜井は映画の中で語った。 「明るく元気に生きて、何か面白いことを見つけようと決心しました。」

桜井容疑者は逮捕当時わずか20歳で、詩に書いたように「虚偽の自白」をしたため、苦難と喪失の時代でした。 その間、警察官は彼に死刑判決の可能性があると脅迫し、その後、彼が刑務所にいる間に両親が亡くなりました。

より楽しいお祝いがありました。 桜井は1996年に出所し、3年後に妻の紀子と結婚した。 2015 年 10 月に杉山が死亡したにもかかわらず、彼は釈放から 10 年以上を経て、ついに無罪判決を勝ち取りました。

昨年8月、桜井氏は、警察と検察による違法な調査を認めて、最高裁判所が7400万円(503,000ドル)の損害賠償を命じたため、都道府県と州に対する補償訴訟で歴史的な勝利を収めました.

この写真は、2021 年 8 月に日本政府と茨城県に対して賠償請求を勝ち取った後、桜井章二 (中央) がドキュメンタリー「My Anniversaries」で支持者に語りかけているところを示しています。 (写真提供:映画「鬼門」)(共同)

有罪判決を受けた犯罪者が法廷で無実を証明しようとする以前のプロジェクトで桜井を演じたキムは、桜井が補償訴訟に勝った後、このトピックに関する4番目の映画を進めることに興奮していました.

「殺人の再審は非常に困難であり、無罪を勝ち取ることは言うまでもありません。罪のない人々が国から補償を受けるのは当然ですが、補償請求に勝つことは非常にまれです」とキムは言いました。

2013 年に公開されたキムの最初の囚人映画「狭山: 目に見えない手錠が外されるまで」は、高校で 16 歳の少女を殺害した疑いで終身刑を言い渡された後、彼の名前を明らかにしようとしている男性を示しています。狭山。 、1963年、東京近郊。毎日記録映画賞を受賞。

キム氏は、ほとんどの人が上訴する機会を得られないため、自分が不当に告発されたと考えている人々の中で、桜井は「スーパースター」であると述べた.

59歳の所長は「無罪放免を求める冤罪被害者の参考になれば、桜井さんのように前を向いて声を上げ続けてほしい」と話した。

投獄されている間、桜井は日記と詩を書きました。 彼はまた、彼自身のCDアルバムに歌詞を書き、リリース後にコンサートを始めました.

彼は言葉を通して勇敢な顔を見せようとしますが、しばしば観客を笑わせるユーモラスな物語で、この映画は、彼が犯したことのない犯罪のために約30年刑務所で過ごした心理的な傷も明らかにしています.

妻の喜子さんは「『精神的にも肉体的にも崩壊しそう』と叫びながら窓から飛び出そうとした」と振り返り、抱きしめてほしいと懇願したという。 「虚偽の告発は本当に人を滅ぼす可能性があります」と彼女は言いました.

桜井は殺人を犯したことはありませんが、不正行為について完全に無実ではなかったことを認めています. 殺人当日、桜井は杉山の依頼で都内の民家に押し入る。 そのために、彼は恥ずかしさしか感じない、と彼は言います。

2019年9月にがんと診断された桜井さんは、主治医から余命1年と宣告された。 それにもかかわらず、彼はコミュニティ活動に参加し、スピーチを行い、殺人で不当に告発されたと言う人々を支援するために、国中を旅し続けています.

最初の映画が在日韓国人女性 1 世のドキュメンタリーだったキムさんは、さまざまな問題を提示する際に常に固定観念を払拭しようと努めてきたという。

写真は、2022年9月15日、東京の彼のオフィスで、ドキュメンタリー「私の記念日」のキム・ソンウン監督を示しています. (共同)

大規模な韓国人コミュニティの本拠地である西日本の大阪の鶴橋地域で生まれたキムは、韓国語を学んだり、伝統的なスパイシーなキャベツのピクルスであるキムチを食べたりするなど、「正しい韓国のイメージ」を示すように他の人からよく求められてきました.

「在日韓国人がこのように生活しなければならないという考えに、私はいつも違和感を覚えていました」とキムは言いました。 「しかし、私はこの気持ちに答えることができず、何年も苦しみの中で生きてきました。」

しかしキムは、日本に住む韓国人であることは彼の作品に影響を与えたが、それはドキュメンタリー映画製作者としての彼の興味の一部であると言います. 彼が社会で何かを「間違っている」と見なした場合、彼は歴史的背景に関係なく、それが何であるかと呼びます.

「私の映画製作では、歴史的な観点から問題を見るのではなく、目の前の人々からそれらを探求しようとしています」とキムは言いました。

「虚偽の信念についての映画は、一般の人々にとって高いハードルを設定するかもしれません。しかし、誰もが人生の中でそれぞれの困難に直面しています。私はこの映画が、桜井さんの人生に対する前向きな姿勢を示すことによって、人々が一歩を踏み出すことを奨励したかったのです。」

この映画は10月8日に東京で劇場公開され、日本の他の地域でも上映されます. キム氏によると、制作チームは英語版の映画を準備しており、海外の映画祭で上映される予定です。


関連記事:

特集:エージェント・オレンジシリーズの最終章で明かされるベトナムの隠された痛み

特集:渋谷原寸大レプリカで不可能を可能にする

フランスとレバノンの映画がアジア短編映画祭で最優秀賞を受賞


READ  ハリー・スタイルズが愛する日本の音楽の一種であるシティポップへのあなたのガイド