Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

焦点:現在、​​世界第4位の経済大国である日本は、低成長傾向からの逆転に向けて険しい道を歩んでいる

焦点:現在、​​世界第4位の経済大国である日本は、低成長傾向からの逆転に向けて険しい道を歩んでいる

日本経済は、米国、中国、そして現在はドイツに後を追う世界第4位の経済大国に転落し、昨年予想外に景気後退に陥って以来、これまで考えられていた以上の逆風に直面している。

継続的な円安がドル換算で経済規模を小さく見せているとの指摘があり、格付け逆転は結局のところ単なる追い打ちに過ぎないかもしれない。 最新の動向は引き続き経済の脆弱性を浮き彫りにしており、今年は2007年以来初めて金利が上昇する可能性がある。

木曜日に発表された政府統計によると、ドイツの名目GDPは2023年に4兆4,600億ドルに達したのに対し、日本の4兆2,100億ドルに達した。 名目GDPは、インフレ調整を行わずに現在の価格で測定されます。

2023年最後の四半期、日本のGDPは年率実質0.4%で縮小し、2四半期連続で縮小し、技術的不況の定義を満たした。

専門家らは、日本が直面する真の課題は、危機時に提供される金融・金融支援への過度の依存を減らし、社会の急速な高齢化がさらなる労働力不足につながるのは避けられないとしても、潜在成長力を高めることができるかどうかだと指摘する。

それが失敗すれば、日本の経済力はさらに損なわれることになるだろう。 国際通貨基金によると、これまでのところ、インドは2026年に日本を追い抜き、2027年には世界第3位の経済大国になる見込みだ。

日本経済研究センターの予測によると、一人当たりの名目GDPに基づいて測定した場合、韓国と台湾はそれぞれ2031年と2033年に日本を追い越すと予想されている。

明治安田経済研究所の首席エコノミスト、児玉雄一氏は「生産性向上の取り組みが実を結ばない状況で(下降)傾向を逆転させるのは容易ではない」と述べた。

「現政権が長期的な成長を確実にするために人材、デジタル、グリーントランスフォーメーションに投資するのは正しい。日本にも構造改革が必要だが、そのためには首相に強力な政治的資本が必要だが、それには疑問があるようだ」と児玉氏は付け加えた。

日本のインフレ率はドイツよりもはるかに遅く、日本政府が国内総生産を比較するために使用する円対米ドルの平均為替レートは、2022年に比べて約7%安かった。

2010年に中国に追い抜かれて世界第2位の経済大国になってから10年以上が経過し、日本の第4位への転落は象徴的である。これはまた、日本がデフレを完全に終わらせるための戦いに勝利する可能性について政府が自信を強めていることを表明した後の出来事でもあった。 。

富士通のチーフエコノミスト、マーティン・シュルツ氏は「日本の金融政策の正常化後、日本経済は第3位の経済大国としての地位を取り戻すはずだ」と述べ、両国の生産性向上の可能性には「非常に大きな」差があると指摘した。両国。 ドイツと日本、どちらの経済も高齢化に苦しんでいます。

「(日本)経済が成長するには、最も急速に成長している2つの雇用グループ、つまり女性と高齢の従業員がより高い収入を得る必要がある。これは生産性の向上によって可能になる」とシュルツ氏は述べた。

日本の潜在成長率は1%にも満たなかった。 今後数年間で人口は現在の1億2,400万人から急激に減少すると予想されており、労働力不足はますます深刻になるだろうが、エコノミストらはそれがすでに経済のボトルネックになっていると指摘している。

人手不足になると、企業は人材を確保するために賃金を引き上げる一方で、自動化などの省力化技術に投資する傾向があります。

最新の経済統計は内需の強さを確認したいアナリストらから期待外れとみなされた。

市場では、日銀が円安をもたらした長年にわたる金融緩和から大きく脱却するのではないかとの期待が高まっており、これが死んだ企業や不採算企業の存続を助け、日本企業の競争力を低下させてきたとの見方もある。

日本銀行の内田伸一副総裁は最近の公の場で、経済の「新陳代謝」を改善する必要性について触れた。

「新陳代謝を高めるにはさまざまな方法がある。たとえば、特定のセーフティネットを撤廃したり、金利を引き上げたりすることで実現できる。労働力不足も触媒になる可能性がある」と内田氏は2月初旬の記者会見で述べた。

中銀の非伝統的政策の立役者である内田氏は、金融情勢は今後も緩和的である可能性が高いと市場を安心させた。

「労働市場が逼迫した経済では、生産性の向上には効率化とデジタル変革への投資が必要です…数十年にわたる拡大政策を経て、経済は確かにそのような変革に適した立場にありません」と富士通のシュルツ氏は述べた。

一方、政府は、より力強い賃金上昇を達成し、労働市場改革を推進し、特にチップや脱炭素化などの成長分野への投資を誘致することで潜在成長率を押し上げるために全力を尽くすことを約束した。

元日本銀行理事で現在は野村総合研究所のエグゼクティブエコノミストを務める木内登英氏は、経済規模だけが重要ではないと述べた。

しかし、少なくとも短期的には、経済見通しは決して楽観的ではないようだ。

木内氏によると、同経済は2023年に1.9%成長した後、今年は0.3%まで成長が大幅に鈍化するとのことだ。


関連報道:

2023年にドイツを抜いて経済第3位となった日本は不況に突入


READ  アジアの主要なCovid拠点が国境制限を撤廃