Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

照ノ富士、体調不良のため春場所を辞退

照ノ富士、体調不良のため春場所を辞退

感染症に侵されている 横綱 照ノ富士は腰痛やその他の健康上の問題のため、土曜日の大相撲春場所を棄権した。

モンゴル生まれのメジャー王者はエディオンアリーナ大阪で金曜まで3連敗し、2勝4敗と成績を落としたが、1月の前回大会で9度目のトップ部門タイトルを獲得したレスラーの影が見え隠れしていた。

腰の問題に悩まされ、股関節と外科的に修復した2つの膝に引き続き懸念を抱えていた彼が、15日間の試合を完走したのは、新年の選手権大会が初めてだった。

伊勢ケ浜安定部長は「彼はできることはすべてやってきたが、疲労やさまざまな問題にも対処している」と語った。

32歳の同選手の15日間の大会からの棄権は、メジャー大会からの棄権が20回目となる。

照ノ富士は最高位2位で取組んだ 大関 2015年7月から2017年9月まで出場したが、体力の問題で相撲の五段目に落ちた。 ジョニダン 2019年3月までに分割。

彼はエリートまで上り詰めた 幕内 2020年7月に1部リーグでキャリア2度目の天皇杯優勝を果たし、2021年9月のメジャー大会に向けて横綱昇進を果たした。

横綱としての16回の対戦中に、照ノ富士は5つのタイトルを獲得したが、まったく同じ回数の対戦も逃した。 試合途中で4回も棄権した。

READ  スペースXのスターリンクロケットが月曜の夕暮れに空を飛び越える