Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

熟練したネパール人労働者は海外で高給の仕事を得る

アラティ・パリヤールは5月20日に日本を訪れ、看護師として働きます。 彼女は、ネパールの技能教育労働アカデミー(SEWA)で看護研修を受けて日本で働く最初の学生の一人です。

パリヤールによれば、月額172,125ルピー(18万円)の給付金と、年2回612,003ルピー(64万円)のボーナスが支給されるという。

日本は、両国が在留資格を持つネパール人労働者を派遣するための協力覚書に署名した後、2019年3月に指定された熟練労働者としてネパール人に労働市場を開放した。

「日本は協力覚書の下でネパール人を14のセクターに採用する」と労働雇用社会保障省労働省外務省次官のThaneswarBhosalは述べた。

日本は推定345,150人の外国人労働者を雇用すると予想されています 14セクター 2019年から5年間。

主なセクターには、介護、農業、食品および飲料製造、および外食産業が含まれます。

業界関係者によると、日本と同様に、高齢者を介護する人材が不足しているため、多くの国がすぐに熟練したネパール人労働者、特に介護者に門戸を開く可能性があります。

「ネパールが介護者を派遣するための正式な合意に署名したイスラエルと日本に加えて、英国、カナダ、オーストラリア、および一部の湾岸諸国は、ネパールの介護者を非公式に要請した」とボサルは述べた。 「ほとんどのリクエストは非公式であり、ポリシーについて明確にする必要があります。」

関係者によると、今後数年間で、世界市場でネパールからの熟練した人材の需要が増加する可能性があります。 ネパールは毎年50万人近くの労働者を海外に派遣しているため、そのほとんどが熟練している若者が、将来、高給の仕事のために海外に旅行する可能性があります。

移民労働者によって家に送られる送金の絶え間ない流れは、国の経済の生命線になっています。

ネパールの移民労働者は、7月中旬に終了する過去の会計年度2020-21に9,610億5000万ルピーを家に送りました。これは、ネパールが20年以上前に海外で働き始めて以来、記録的な数のネパールへの送金です。

世界的に介護者の需要は高いです」と、日本の人材紹介会社Human-iのCEOである桐生一郎は述べています。 「日本だけでも、2028年までに70万人の介護者が必要になるでしょう。」

多くの国が介護者を探しているので、それに応じて看護大学や訓練機関への若者の登録が増えています。

HetaudaのPrasiddhaKalakhetiは、日本での就職の機会に興奮しています。

「私は1年間勉強し、訓練しました」とCalakhetiは新聞に語った。 「ついに、6月10日に日本に旅行します。」

シワネパールのディレクター兼ディレクターであるラム・プラサード・シャルマによれば、そこで訓練を受けた22人が介護提供者として日本に旅行する予定です。 「私たちは毎年最大410人の労働者を日本に派遣する権利を持っています」と彼は言いました。

最近開業した国々、特に介護者の需要は、医療従事者の需要が高まっています。

労働・雇用・社会保障局は、英国政府がネパールに10,000人の看護師を要請したと述べた。

政府当局者によると、英国政府はさまざまな国から10万人の看護師を受け入れる予定です。

日本は外国人労働者に良い給料と福利厚生を提供しています。 「彼らは日本の対応者と同じ給与を支払われている。日本のネパール人の月給は会社によって17万ルピーから23万ルピアの範囲である」とシャルマ氏は語った。

「研修プログラムに参加するのに学歴は必要ありません。日本の労働条件は良好です。これはネパールの若者にとって絶好の機会です。」

特定の熟練労働者は、日本で最長5年間働くことができます。

「ネパール人は、2015年8月に両国が協定に署名した後、正式に介護者として働くためにイスラエルに行き始めました」とBhosalは言いました。

イスラエルは、パイロットプロジェクトの一環として、政府間の取り決めを通じてネパールから300人の介護者を雇用することに合意しました。

Boussalによると、契約条件の1つは、介護者が家で働くために採用されると述べています。 ネパールの女性は、2015年の合意以前に、イスラエルで家事使用人としてすでに雇用されていました。

イスラエルは、ネパールの民間の海外採用機関によって行われた採用プロセスの広範な不規則性を理由に、2009年からネパール人の採用を停止しました。

2020年9月20日にネパールとイスラエルの間で署名された労働協約には新しい記事が含まれていました。 理解によると、ネパールの労働者は イスラエルで働く介護部門、特に病院、ナーシングホーム、デイケアセンター。

昨年1月、実装プロトコル 契約が締結されました その後、イスラエルでの仕事のためにネパール国民を選び、雇用するプロセスが正式に始まりました。

Bousalによれば、調査が行われ、イスラエルで働くために1,132人が選ばれ、そのうち297人がすでに去っています。残りはまもなく続く予定です。

「この国には適切な雇用機会はありませんが、これらの高給の仕事はネパールにとっての機会です」とボーセールは言いました。 「介護者を海外に派遣してナーシングホームやデイケアセンターで働くことは、ネパールの外国人雇用部門における画期的な出来事です。」

ネパールは現在、カタール、アラブ首長国連邦、バーレーン、日本、イスラエル、ヨルダン、韓国、マレーシア、モーリシャスの9か国と取引協定を結んでいます。

ネパールの移民労働者も韓国を安全な目的地と考えています。 移民労働者は、最長4年10か月間そこに滞在することができます。 2008年以来、60,000人以上のネパール人労働者が韓国に行き、そこで主に製造業と農業に従事しています。

韓国も急速な人口高齢化を経験しているため、政府当局者によると、介護者の需要はすぐに高まる可能性があります。

「2015年以降、この外国人労働部門の動向を監視することにより、公的部門と民間部門が海外でのネパール人介護者の採用をどのように促進できるかを決定するための具体的な政策の形成に取り組んでいます」とBhosal氏は述べています。 「私たちはすぐに結論に達することを望んでいます。」

READ  小惑星の起源は恐竜の終わりに発見された可能性があります。 それは暗いです。