Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

牡蠣が日本のオリンピックスタジアムを越え、128万ドルの修理につながった

  • 日本は東京の防波堤から14トンのカキを除去しました 2020年オリンピック 場所。
  • コースが確立された直後の2019年半ばに、ハードルは予想外に沈んだ。
  • 清掃費用は1億4000万円(128万米ドル)。

待望の東京オリンピックスタジアムでは、ハマグリの攻撃により、9月に128万ドル相当の緊急修理が必要でした。

オリンピックのカヌーとカヤックは、2020年夏に向けて特別に建設された東京湾の海の森水上競技場で開催される予定です。 オリンピック とパラリンピック。
日本の労働者は、波が中列のアスリートに当たらないようにブイを水辺に配置しましたが、14トンのカキが隔壁に付着した後、ブイの3分の2が予期せず沈没しました。 私に
共同通信カキは、海の森の回廊の独特の高塩分水と地元の植物プランクトンの条件で繁栄します。 海の森水上競技場は、かつてオリンピックスタジアムからわずか5 kmの場所に、多くの海藻養殖場、漁場、大きなカキ礁があった地域にあります。 地元の珍味であるにもかかわらず、当局者は言った 朝日新聞 発見されたカキは食べられませんでした。

「私たちはそれを消費することを考えていません」と当局者は言いました。 これにはセキュリティチェックが必要になります。 最も重要なことは、カキを育てたくないということですが、カキの封じ込めに取り組んでいます。

続きを読む: COVID-19はすでにオリンピックを台無しにしました-ここにゲームを逃すアスリートがいます

広告


日本の当局者は、カキが硬い表面に付着した後、現在のフローティングバリアが設置されたため、カキが今後のゲームに影響を与えるとは予想していなかったと述べたが、年間1億6000万円(1.46ドル)を費やすと予想した。 海の森水上競技場を維持するために100万米ドル。

この水路は、2021年8月のパラリンピック競技会と、この地域での将来のウォータースポーツ大会の会場として使用されます。 また、朝日新聞は、地元当局は将来のカキの返還を防ぐために海水の電気分解を検討していると述べた。 最初のオリンピックイベントは海の森水上競技場で開催されます 7月22日 シングル、ダブル、クアッドパドルの加熱に。 開会式は翌日の7月23日に予定されています。

READ  日本政府はウイルスリスクを最小限に抑えながら6月の経済見通しを維持します