Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

物議を醸している東京のアートイベントの主催者を脅迫したとして逮捕された男



日本のパトカー。 (毎日)

調査筋によると、戦時中の日本で軍の売春宿で働いていた「慰安婦」を象徴する像を展示する予定だった東京での物議を醸すアートフェアの主催者を脅迫したとして、男性が日曜日に逮捕されたが、抗議のためにキャンセルされた。 。

兵庫県尼崎市の住民は、首都で6月下旬から7月上旬に開催される「言論の自由禁止」の主催者の一人に脅迫メールを送った疑いがある。

抗議者がスピーカーを使って騒動を起こしたため、イベントは土壇場で中止されました。 情報筋によると、容疑者は40代で、抗議者たちが「反日」と表現した芸術的事件に反対した。

7月には、大阪のアートギャラリー会場に宛てた爆竹の入った封筒に、韓国の慰安婦やその他の物議を醸す作品を象徴する少女の像が描かれ、郵便局に届けられた。

大阪フェアの直前、物議を醸した別のアートイベントの会場で不審なパッケージが爆発し、開館2日後に展示会が中止されました。

どちらの封筒も兵庫県から送られてきたため、警察は両方の事件を調査していた。

納税者のお金を使って開催された同様のイベントは、2019年に名古屋で論争を巻き起こし、フェアに対する脅威と苦情の激流の中でのセキュリティ上の懸念のために、その年の8月に開催されてから3日後に終了しました。

ギャラリーの最初の閉鎖後、ギャラリーは2019年10月に7日間再開され、慰安婦を象徴する像と、現皇帝の祖父である昭和天皇の肖像画がライトアップされたシーンを映した映画が上映されました。

この展示会は、日本の近隣諸国との歴史的問題や表現の自由の権利に光を当て、一般の人々の注目を集めました。

READ  アダムペティがショックダンスで踊っている間、裁判官は厳密にラムゼイを救います