Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占入札者は、最大220億ドルの資金源で東芝の価値を見積もるオファーの重さを量る

東京/香港(ロイター)-東芝(6502.T)の入札者は、苦戦している日本のコングロマリットに対して1株あたり最大7,000円(51.41ドル)の入札を検討していると、状況に詳しい3人がロイターに語った。 この取引は約220億ドルの価値があります。

戦略的選択肢を模索している東芝は、今月、8件の最初の買収入札と2件のベンチャーキャピタリストへの提案を受け取ったと述べた。 続きを読む

入札者は現在、東芝の株主と一株あたり最大7,000円のオファー価格範囲について話し合っている、と人々は言った、水曜日の終わりの時点で東芝の株価より最大27%のプレミアムを表す。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

別の情報筋によると、オファーのパッケージは広く普及しており、さまざまな条件が付けられていたという。

入札価格が完了すると、原子炉コングロマリットのチップは、スケールの最後で3兆円(220億2000万ドル)と評価されます。

東芝はロイターへの声明の中で、オファーの詳細は開示しないと述べた。

最初の入札は、KKR&Co Inc(KKR.N)、Baring Private Equity Asia、Blackstone Inc(BX.N)、Bain Capital、Brookfield Asset Management(BAMa.TO)、MBK Partners、Apollo Global Management、CVCCapitalPartnersによって提出されました。 、人々によると。

彼らは、それらのいくつかが入札するためのコンソーシアムを形成するかもしれないと付け加えた。

Bain、Brookfield、Baring、CVC、MBKはコメントを控えた。 他のファンドはコメントの要請にすぐには応じなかった。

指名を拒否した人々は、産業革新機構を含む地元のファンドと多くの戦略的プレーヤーが、彼らがどのように取引に参加できるかを見ていると述べた。

JICはコメントを控えた。

2円

成功すれば、ベインが率いるコンソーシアムがコングロマリットのメモリチップユニットであるキオクシアを2018年に180億ドルで買収して以来、東芝との取引は日本で最大の買収となるでしょう。

円安が日本経済を圧迫し続け、日本企業の事業計画を混乱させ、外国人バイヤーにとって魅力的な買収目標に変える恐れがある時期に議論が行われている。

円は水曜日の初めに1ドルあたり136.71の新しい24年の安値に下がった。 続きを読む

すべての潜在的な入札者の中で、ベインはオフセット購入のためのロビー活動に「非常に積極的」だったと2人は言った。

取引に詳しい日本の投資銀行家は、1株あたり6,500円でも、東芝の評価は「誇張されすぎている」ようだと述べた。

最終的には、価格は、投資家が非上場のチップメーカーであるキオクシアに対する東芝の40%の株式をどのように評価するかを考慮に入れる必要があると彼は述べた。

プライベートエクイティ会社がキオクシアの大部分を所有しているため、ベインは他の入札者よりも有利であり、チップメーカーの運命を決定し、それが東芝の評価にも影響を与えると彼は述べた。

2015年以降の会計とガバナンスの危機に苛立ち、株主が経営陣の支援によるリストラ計画を拒否することを決議した後、東芝は4月に特別委員会を設置して提案を求めた。

同社は先に、6月28日の年次株主総会後、デューデリジェンスのために入札者を選抜すると述べた。

(ドル= 136.1500円)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(東京の山崎マキコ、香港のケン・ウー、スコット・マードックによる報告、スミット・チャタジー、ジェイソン・ニーリー、トーマス・ジャノウスキーによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ナイジェリアは、iHatchのJICAパートナーであるNITDAとして日本との二国間関係を深める-TechEconomy.ng