Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占的な中国のMinisoが米国の店舗を倍増させ、パンデミックがモールの家賃を大幅に削減するにつれて、ニューヨークに「旗艦店」を追加

  • 年末までに60の店舗があります。 11月のフラッシングでニューヨークを専攻
  • 世界中に5,000近くの店舗を持つ野心的なニューヨーク上場小売業者
  • 「数千」の米国店舗の可能性-O’seasBusinessesの副社長
  • 家賃の引き下げは、米国の拡張コストを20%削減するのに役立ちます-VP
  • パンデミックはアメリカのモールに極めて重要な瞬間をもたらします。 ビッグネームはなくなった

北京、9月14日(ロイター)-中国の小売業者Miniso Group(MNSO.N)は、パンデミック後の買い物客に予算を賭けて、今年ニューヨークに「旗艦店」をオープンし、米国の店舗をほぼ2倍にする予定です。商品をスナップアップ安いが楽しい。 10ドルのぬいぐるみ猫や4ドルのアボカドスナップなどの家庭や職場向け。

店舗数が60未満の場合でも、名創優品の米国での存在感は、ダラーツリー(DLTR.O)のような巨大で低価格の小売業者や、中国の主要拠点である3,000近くの店舗によって矮小化されます。

しかし、Minisoは、パンデミックに見舞われた米国経済における賃料の引き下げを利用するために迅速に動いていると述べ、同社の海外事業担当副社長であるVincent Huangは、最終的には「数千」の米国店舗の可能性を見込んでいるとロイターに語った。

この計画は、わずか8年前に広州で設立され、現在は約14億1,000万ドルの年間収益を生み出し、時価総額40億ドルでニューヨークに上場している企業の壮大な野心を浮き彫りにしています。 コロナウイルスによる小売低迷の中で、2020年10月に変動して以来、株価は2.3%下落しているが、投資家の中には中国のハイテク大手テンセント(0700.HK)やヒルハウスキャピタルなどが含まれている。

2020年のコロナウイルスパンデミックの最初の波に続いて、多くの有名な小売店が売り上げの落ち込みに屈したため、この拡大は全米のモールにとって極めて重要な瞬間でもあります。

米国の小売業界から姿を消したブランドの中には、世界中の多くの市場で名創優品に匹敵するデンマークのコンビニエンスストアチェーンであるフライングタイガーコペンハーゲンがありましたが、昨年11月に米国の13店舗を閉鎖しました。

黄氏によると、世界90カ国以上に約4,800の店舗があり、Minisoは今年末までに米国に54の店舗を構える予定ですが、当初は30店舗でした。

「COVID-19後の新規出店のコストが低いことなど、いくつかの理由から、現在、米国でのプレゼンスを拡大することを選択しています」と、Huang氏は最近のインタビューで述べています。

新しい店舗には、活気に満ちたアジア系アメリカ人コミュニティで知られるニューヨークのフラッシングに最近立ち上げられたタングラムモールが、黄が3,300平方メートルの「旗艦店」と呼んだ市内初の名創優品店として11月にオープンしたことが含まれます。 テニスコートより少し大きいFeetof Spaceは、ネックピローからラップトップやメイクアップまで、あらゆるものを販売しています。

「戦略的市場」

彼は、主に家賃の引き下げにより、米国での拡張費用が約20%減少し、流行により良い場所の確保が容易になったと述べた。

「私たちは常に国際的な企業であり、北米が私たちの戦略的市場であると信じてきました」と彼は言いました。

名創優品は「日本風のライフスタイル商品の小売業者」と自称しており、過去に東京に上場している良品計画が運営する無印良品チェーンと比較されてきました。

しかし、名創優品の賑やかな店舗と取引により、2005年から米国に存在する人気の10億ドルの日本のスーパーマーケットチェーンであるダイソーインダストリーズが運営するセグメントに分類され、フラッシングにも最初の東海岸支店を含む約80店舗のネットワークがあります。

Minisoは、2017年に最初のカリフォルニア店をオープンした米国の店舗の正確な売上高を明らかにしていませんが、先月、90.7億元(14億1000万ドル)の総財政収入の約20%を計上したと報告しました。 メキシコ、インドネシア、インドなどの海外店舗1,800店舗のうち6月までの1年間。

黄氏によると、米国でのMinisoの売上高は、COVID-19以前のレベルに回復し、2021年上半期の売上高は前年比で73%増加しました。 「パンデミック以来、私たちはいつよりも人気があります」と彼は言いました。

近年の製品コラボレーションは、ディズニー(DIS.N)、コカ・コーラ(KO.N)、マーベルエンターテインメントなどの著名なブランド所有者の間でこの人気を後押しし、ミッキーマウスのフェイスクリーム、マグカップ、マグカップなどのアイテムを生み出しています。セラミックコカコーラスパイダーマンマウスパッド。

「結局のところ、消費者は私たちが中国人、日本人、アメリカ人、ヨーロッパ人のいずれであるかを気にしない」とファン氏は語った。 「消費者にとって重要なのは、彼らが最小の金額で価値のある製品を購入できるかどうかです。」

(ドル= 6.4511人民元)

(SophieYuとBrendaGohによる報告)KennethMaxwellによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  独占禁止法問題に関する政府の目から見たアップルとグーグル:朝日新聞