Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占:トヨタグループ各社がデンソー株を47億ドルで売却予定

独占:トヨタグループ各社がデンソー株を47億ドルで売却予定

トヨタのロゴは、2022年11月25日、ベルギーのザベンテムにあるトヨタ販売店で見られる。ロイター/Johanna Geron/ファイル写真 ライセンス権の取得

  • グループ会社は年末までに株式の約10%を売却する予定
  • トヨタ自動車はデンソーの筆頭株主であり続ける見通し
  • デンソー、株価要因を相殺するために自社株買い

[東京 11月28日 ロイター] – トヨタ自動車(7203.T)と子会社2社は、部品メーカーのデンソー(6902.T)の株式約10%を年末までに売却する計画で、株式の価値は約47億ドル相当になるとみられる。関係者によると、同社についての知識は豊富だという。 彼はそのことを言いました。

デンソー株の売却は、世界で最も売れている自動車メーカーが子会社の株式を活用しながら全電気自動車の生産を拡大するという最新の動きを示すもので、研究開発から工場のオーバーホールに至る資本集約的な取り組みである。 床。

トヨタ自動車、豊田自動織機、アイシンはデンソー株を現在の市場価格で総額約7000億円(47億ドル)で売却する予定だと関係筋2人が明らかにした。

関係者によると、売上高に占めるトヨタ自動車の割合は約10%のうち半分以下で、残りは豊田自動織機とアイシンが占める見通しだという。 トヨタへの主要サプライヤーであるデンソーは、世界第2位の自動車部品メーカーです。

関係筋によると、デンソーはまた、株価への潜在的な打撃を相殺するために、公開市場で自社株の一部を買い戻すことも計画しているという。この問題は機密事項であるため匿名を条件に関係者が明らかにした。

デンソーは声明で、株式売却や自社株買い、その他の資本政策を検討していると述べたが、まだ何も決まっていない。 トヨタの広報担当者はデンソーについてコメントする立場にないと述べた一方、豊田自動織機の広報担当者はまだ決定は下されていないと述べた。 アイゼン氏は、株式売却の報道は彼女自身が発表したものではないと述べた。

LSEGのデータによると、この規模は47億ドルで、3月にゆうちょ銀行(7182.T)の90億ドル相当の株式を売却したのに次いで、今年日本でのこの種の株式公開では2番目に大きい規模となる。

また、これは自動車業界にとって過去10年以上で最大の株式公開となり、バッテリー電気への切り替えに伴うリスクが浮き彫りになった。

共同寄稿

日本企業は伝統的に自社グループの子会社や取引先の株式を取得してきたが、これは株式持ち合いとして知られ、コーポレート・ガバナンスを妨げると批評家から指摘されている。

企業はこうした保有株を何年にもわたってゆっくりと解消してきたが、東京証券取引所が最近企業に資本の活用を改善するよう促したことで、この傾向はさらに勢いを増した。

トヨタ自動車は9月末時点でデンソー株の約24.2%を保有しており、引き続き筆頭株主となる見通しだ。

関係筋によると、株式の買い手の大半は地元投資家とみられ、価格はまだ決まっていない。

トヨタ自動車は7月、バッテリー式電気自動車の航続距離の向上とコスト削減に向けた抜本的な計画を発表した後、通信会社KDDI(9433.T)の株式約2500億円相当を売却すると発表した。

報道前に4%近く下落していたデンソー株は、ロイター報道後に損失を拡大し、日中は最大6.8%下落し、4.9%安で取引を終えた。 トヨタ株は日経平均株価(.N225)と同様、ほとんど変わらずで終了した。

(1ドル=148.2400円)

レポート:オラナカミホ、ダニエル・ルーサンク、白木真紀。

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます

ダニエル・ルーシンクは日本特派員です。 最近では日本の自動車産業を取材し、世界最大手の自動車メーカーの一部がどのように電気自動車に移行し、前例のないサプライチェーンの混乱が起きているかを記録している。 ロイシンク氏は2018年にロイターに入社して以来、日本経済、2020年の東京オリンピック、新型コロナウイルス感染症、日銀の超金融緩和政策の試みなども取材してきた。

READ  Liquidが日本でeKYCソリューションでBinanceをサポート