Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占:日本の買収JIPとPolarisは東芝への入札を検討

日本の川崎にある東芝の施設。 写真:キム・ギョンフン/ロイター

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

東京/香港(ロイター)-日本産業パートナーズ(JIP)と日本のポラリスキャピタルグループは、東芝(6502T)の入札への参加を検討していると、この問題に詳しい2つの情報筋が金曜日に語った。

東芝は、2015年以来会計とガバナンスの危機に見舞われ、株主が経営陣の支援によるリストラ計画に反対票を投じた後、先月、非公開化の可能性を含む戦略的オプションを検討するための特別委員会を結成しました。

一部のグローバルプライベートエクイティ会社よりもはるかに小さい両方のファンドは、他のファンドと協力する必要があると情報筋は述べた。 防衛設備や原子力などの東芝の資産の一部が日本で戦略的に重要であると見なされているため、現地資金の関与は重要であると見なされています。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

それはプライバシーの問題であるため、情報源は彼らの身元を明らかにすることを拒否した。

JIPとPolarisが実際に他のファンドと協力しているかどうかはすぐにはわかりませんでした。

海外ではあまり知られていませんが、このペアは日本のコングロマリットからの企業の削減と解散に関与しています。

たとえば、JIPは昨年カメラ会社のオリンパス(7733.T)を買収し、2014年にはソニーグループのラップトップ事業を買収しました。ポラリスは2018年に富士通(6702.T)の携帯電話会社を買収しました。

JIPのコメントはすぐには得られませんでした。 Polarisの代表は、同社がこの機会を検討しているのは事実だと述べたが、それ以上のコメントは控えた。

東芝は、10人の潜在的な投資家が彼らの身元を特定せずに機密保持の誓約書に署名したと言いました。 最初のオファーの提出期限は月曜日です。

東芝の広報担当者は、「株主にプロセスに関する透明性のある最新情報を提供する予定であり、6月の年次株主総会の前に、潜在的なパートナーから受け取った拘束力のないオファーの数と提案された取引構造の概要を公表する」と述べた。

小林鷹之経済安全保障相は最近ロイター通信に対し、機密技術の取り扱いに関する規則を遵守すれば、日本政府は外国人投資家が東芝のような大手企業を買収することを阻止しないと語った。 続きを読む

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

山崎マキコとスコット・マードックによる追加報告。 KirstenDonovanによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  フェデラルランド、野村不動産開発がPH不動産の新時代の到来を告げる