Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占:日本のJFEスチールがテックの石炭事業への出資を狙っている

独占:日本のJFEスチールがテックの石炭事業への出資を狙っている

トロント(ロイター) – 日本のJFEスチールがカナダのテック・リソーシズ社の冶金用石炭事業の株式を取得する交渉を行っていると開発に詳しい関係者2人がロイターに語った。 鉱山会社グレンコアも含まれる。

主要生産国の一つであるロシアへの制裁を受けて、大手鉄鋼メーカーはコークス供給の多様化を模索している。

別の関係筋によると、これまで報じられていなかったJFEとテック間の協議が9月から続いているという。 関係者らは公に話す権限がないため匿名を求めた。

東京に本拠を置くJFEスチールの広報担当者は電子メールで「コークス権益の取得については引き続き検討するが、個別の質問にはお答えできない」と述べた。 JFE は日本最大手の鉄鋼メーカーの 1 つです。

テックは憶測にはコメントしないと述べ、同社が鉄鋼業界の石炭事業に関連してさまざまな取引先と関与しているという以前の声明に言及した。

関係者の1人は、交渉は初期段階にあり、合意には至らない可能性があると付け加えた。 JFEがどのような株式を求めているのか、どのような価格を提示しているのかは明らかではなかった。

製鉄用石炭の生産者は世界に数社しかなく、最大の企業はオーストラリア、カナダ、ロシアです。

日本の日本製鉄(5401.T)は以前、テックの石炭事業の株式10%を11億5000万カナダドルで取得することを検討していると発表しており、事業総額は約115億カナダドルと評価され、株式を17.5%に増やすオプションも付いている。

テックは3月から石炭事業と銅事業の分割を検討していたが、株主は当初の提案に反対票を投じた。 テックは4月、スイスの鉱業・商社グレンコアからの225億ドルの全社買収提案を一方的に拒否した。

グレンコアは石炭事業を約85億ドルで買収することを検討すると述べた。

テック株は0.6%下落し、指標となるトロント株価指数は0.1%下落した。

JFEスチールはインドのJSWスチール(JSTL.NS)の株式15%を保有しており、同社もテックの石炭事業への投資の可能性を模索している。 しかしロイター通信は9月、インドとカナダ間の外交的緊張によりこのプロセスが遅れていると報じた。

今月初め、テックのジョナサン・プライス最高経営責任者(CEO)は、同社は石炭事業と鉱物事業をどのように分離するかについて投資家から複数の提案を受けており、今年末までに分割について決定したいと述べた。

プライス氏によると、同社には石炭事業の100%を売却して現金化するか、石炭事業の一部を売却してその収益を銅事業の成長に充てるという2つの選択肢があるという。

(レポート:Divya Rajagopal、Neha Arora) 編集:Denny Thomas、Nick Zieminski、Rod Nickel

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます

Divya Rajagopal はカナダの鉱山セクターについてレポートし、重要な鉱物取引、鉱山の買収と合併、鉱山労働者が気候変動や環境、社会、ガバナンスの責務にどのように取り組んでいるかなどの最新ニュースを取り上げます。 ディヴィヤは以前、インドに拠点を置き、エコノミック・タイムズとCNBC TV18で金融ジャーナリストとして働いていました。 彼女はトロント大学で世界情勢の修士号を取得し、スウェーデンのルンド大学でテクノロジーと社会変革の修士号を取得しています。

READ  日米が人権侵害に対処するための機関を発足