Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占:米国と日本企業が製造拠点を中国からインドに移転するとデロイト南アジアCEOが語る

独占:米国と日本企業が製造拠点を中国からインドに移転するとデロイト南アジアCEOが語る

デロイト サウスアジアの最高経営責任者(CEO)、ロマル・シェティ氏は、製造業のかなりの部分、特に量産が必要な分野が中国からインドに移転していると述べた。 同氏は、中国以外にインドの規模に匹敵する国は存在しないため、世界企業が製造拠点をインドに移していると述べた。

「世界中のクライアントと話していると、その問題の1つは中国です。ですから、誰もが何らかの行動を確実に起こすための単一の戦略だけでなく、中国戦略も持ちたいと考えています。その一環として、すべてがそうなるわけではありません」 「特にボリュームが必要な場合には、大規模なセグメントがインドに移動すると考えられます」とシェティ氏はBusiness Today TVの編集長シッダールス・ザラビとの独占インタビューで語った。

関連記事: デロイトは今後 5 年間で 50,000 人を雇用する計画だと CEO のロミル・シェティ氏が語る

シェティ氏は、インドには「規模」と「スマートな製造業」があると述べた。 ソフトウェアとエレクトロニクスの組み合わせ、および製造業の組み合わせはインドにとって非常に魅力的な分野だと同氏は語った。 「したがって、スマートファクトリーで効率的かつよりデジタル的に大規模に製造できる能力も、大きな要素になりつつあります。」

同企業幹部は、日本、米国、欧州の一部企業が製造拠点をインドに移転していると述べた。 「つまり、それが今起きている変化なのです。」

インドで功を奏したことについてシェティ氏は、生産連動型インセンティブ制度が外国企業の誘致に役立っていると述べた。 しかし、彼はインドの利益になると信じている他の2つのことにも言及した。 「国内消費は常に良好です。輸出市場だけに依存しているわけではありません。それが助けになっています。」

中国のプラスワン戦略に同意するかとの質問に対し、シェティ氏は肯定的に答え、「能力のある国が一つあるとすれば、それはインドと同じくらい能力のある唯一の国だ」と述べた。 同氏は、他の国も同様にそうする可能性があるが、「小規模なレベルで」可能だと述べた。

「そして、世界は単に中国プラス 1 軸になるだけでなく、3 つまたは 4 つの軸になることも必要だと思います。特定の地域に依存しないようにすることは、世界経済にとって良いことです。 、インドには力になる能力があり、時間はかかりますが、少なくとも方向性に関してはうまくいっていると思います。

チャイナ・プラス・ワン戦略とは、企業が過剰な依存を減らし、中国国外での製造業務を多角化する実践を指します。 中国が数カ月にわたる完全な封鎖に踏み切り、サプライチェーンが深刻な影響を受けた新型コロナウイルス危機の際、その必要性が強く感じられた。 さらに、地政学的緊張と政治的不確実性も企業の中国国外への移転を後押ししている。

今年9月、世界的な経営コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループは、調査対象となった北米製造業の90%以上が過去5年間に生産の一部を中国外に移転しており、同程度の割合がそうした移転を計画していると発表した。 . 今後 5 年以内に。

これらの企業は事業をインド、メキシコ、東南アジアに移しています。 「メキシコ、東南アジア、インドは将来の輸出製造大国として急速に台頭しつつある」と同社は述べた。 「これら 3 社は、競争力のあるコスト構造、大規模な労働力プール、多様な業界にわたって成長する規模と能力を提供します。インドには、巨大な潜在的な国内市場があるというさらなる利点もあります。」

READ  ソーシャルメディアが日本の女性たちを人力車に急ぐ動機にしている