Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

猛烈な台風が日本に上陸した後、珍しい「特別警報」が発令されました日本

台風ナンマトルは日曜日の夜に南西日本に上陸し、当局は何百万人もの人々に強力な嵐の強風と集中豪雨から避難するよう促した.

気象庁によると、台風は現地時間午後 7 時 (BST 午前 11 時) 頃に正式に上陸し、目の外側の領域であるアイウォールが鹿児島に接近した。

時速150マイル近くの風が続いており、九州南西部の一部の地域では、24時間以内にすでに最大500ミリの雨が降っています。

少なくとも 20,000 人が九州の鹿児島県と宮崎県の避難所で夜を過ごしました。気象庁はまれな「特別警報」を発令しました。

地元当局から情報を収集している国営放送局NHKは、700万人以上が避難所に行くか、嵐を乗り切るために頑丈な建物に避難するように言われたと述べた.

避難の警告は義務ではなく、当局は異常気象の前に避難するよう人々を説得するのに苦労することがあります。 彼らは週末を費やして、気象システムに関する懸念を家に追いやろうとしました。

岸田文夫首相は暴風雨で政府の会合を招集した後、「危険な場所から離れてください。少しでも危険を感じたら避難してください。」

「夜の外出は危険です。 外が明るいうちに安全な場所に移動してください。

気象庁は、この地域が強風、高潮、集中豪雨という前例のないリスクに直面する可能性があると警告し、嵐を「非常に危険」と呼びました。

気象監視警報センターの加藤浩所長は、日曜日に記者団に、「暴風雨に見舞われた地域は前例のない降雨に見舞われている。

「特に地滑り警報が発せられている地域では、何らかの種類の地滑りがすでに発生している可能性が非常に高いです。」

「普段災害が起きない地域でも最大限の警戒を」と強調した。

公益事業会社によると、日曜日の夕方までに、地域全体で約 20 万戸の住宅が停電した。 列車、飛行機、フェリーは嵐が過ぎるまでキャンセルされ、通常は 24 時間営業で災害時のライフラインと見なされていた一部の店は閉店しました。

気象庁は日曜日、「九州南部では暴風、高潮、前例のない高潮が発生する可能性がある」と述べ、人々に「可能な限りの注意」を払うよう促した。

地上では、鹿児島県出水市の当局者は、日曜日の午後、状況が急速に悪化していると語った。

「風がとても強くなってきました。 また、激しい雨が降っています」と彼はAFPに語った. 「完全なホワイトアウトです。視界はほぼゼロです。

陸地に接近するにつれてわずかに弱まった嵐は、水曜日の朝に北東に向きを変え、日本の本島を横切ると予想されています。

日本は現在、台風シーズンにあり、年間 20 個の台風に直面しており、土砂崩れや鉄砲水を引き起こす大雨が定期的に発生しています。 2019 年、日本でラグビー ワールド カップが開催されたとき、台風ハギビスにより 100 人以上の命が奪われました。

1 年前、台風 20 号により大阪の関西空港が閉鎖され、14 人が死亡しました。 そして2018年、西日本では梅雨の時期に洪水や土砂崩れが発生し、200人以上が死亡した。

科学者たちは、気候危機が暴風雨の激しさを増しており、熱波、干ばつ、鉄砲水などの異常気象がより頻繁かつ激しさを増していると述べています。

READ  日本のウクライナのYouTuberが#NoWarをアピールしました