Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

珍しい「悪魔の彗星」が4月の日食中に地球の空に現れる

珍しい「悪魔の彗星」が4月の日食中に地球の空に現れる

今年はサタンがジョージアに降臨しないかもしれないが、来月には日食と一致する珍しい彗星に遭遇するだろう。

「悪魔の彗星」 – 正式には彗星 12P/ポンズ・ブルックスとして知られています – は 71 年ごとに太陽の周りを回り、1954 年以来初めて私たちの小さな青い大理石の上空を通過します。このタイプの彗星は、短周期彗星または「ハレー彗星」とも呼ばれます。約 75 年ごとに地球の近くを通過する有名なハレー彗星にちなんで命名されました。

12P/ポンズ・ブルックス彗星は、1812年にフランスの天文学者ジャン・ルイ・ポンスによって初めて公式に記録され、その後1883年にアメリカの天文学者ウィリアム・ロバート・ブルックスによって確認されました(ただし、一部の歴史的記録は西ヨーロッパと中国からのものです) 提案する 14世紀にはすでに確認されていた可能性があります)。

この天体は特に赤と緑の色鮮やかな輝きで知られており、それが星空観察者がこの天体を探し求める理由です。 岩石や氷の塊によって残された色やガスの爆発は、通常、馬蹄形の形をしており、角を思い出させます。 そのため、「悪魔の彗星」というあだ名が付けられました。

NASA ノート 彗星は、太陽系の初期の形成時に発生した余分な物質(氷、塵、岩石)で構成されており、直径は数マイルから数十マイルに及ぶ場合があります。 軌道が太陽に近づくにつれて、その熱によって彗星の温度が上昇し、ガスを噴出するまで加熱し始め、その直径は惑星よりもさらに大きくなる。 太陽に近いかどうかにかかわらず、彗星の尾の長さは何百万マイルにも及びます。

Space.com によると、サタン彗星は秋から今年数回発見されており、4月8日の日食中に見える可能性があるという。

READ  ペットを守るために知っておくべきこと