Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

琥珀に包まれた4000万年の松ぼっくりからの発芽種子

種子が果実を離れる前に発芽する、早期発芽として知られるまれな植物状態の最初の化石の証拠。 クレジット:George Poinar Jr.、オハイオ州立大学

オレゴン州立大学の研究は、種子が果実を離れる前に発芽する早期発芽として知られるまれな植物状態の最初の化石の証拠を明らかにしました。

に掲載された論文で 歴史生物学、オレゴン州立科学大学のジョージポイナージュニアは、バルト海の琥珀に包まれた約4,000万年前の松ぼっくりについて説明し、そこから多くの胚の茎が芽生えます。

「種子の発芽はすべての植物の発達に不可欠であり、通常は種子が落ちた後に地面で起こります」と、生物学について学ぶために琥珀色で保存された植物と動物の生命体の使用に関する国際的な専門家であるポイナーは言いましたと遠い過去の生態学。 。 「私たちは、生命(父親の中にいる間の胚の発達)を動物と関連付ける傾向があり、それが植物で時々起こることを忘れています。」

ポイナー氏によると、これらの事件の大部分は被子植物に関係しているという。 被子植物は、人々が食べる食物のほとんどを直接的または間接的に提供し、花を持っており、果物に囲まれた種子を生成します。

「種子の果実への発芽は、トマト、ピーマン、グレープフルーツなど、種子の休眠性がない植物ではかなり一般的であり、さまざまな理由で発生します」と彼は言いました。 「しかし、裸子植物ではまれです。」

針葉樹などの裸子植物は、「裸の」または囲まれていない種子を生成します。 松ぼっくりの早期発芽は非常にまれであるため、1965年以来、この状態の1つの自然発生例のみが科学文献に記載されているとポイナー氏は述べています。

「これは、この発見を非常に興味深いものにしている理由の一部です。それでも、種子の発芽を含む植物の活力の最初の化石記録です」と彼は言いました。 「この小さな松ぼっくりの種が円錐形の中で発芽し始め、芽が樹脂で死ぬ前にこれまで成長できるのは素晴らしいことだと思います。」

ポイナー氏によると、つぼみの先端には針の塊があり、5本の束になっているものもあり、バルト海の琥珀から以前に説明された絶滅した松の種であるマツにリンクしています。

彼は、バルト海の琥珀色の松ぼっくりは豊富に見られないと付け加えた。 表示されるものはコレクターから高く評価されており、コーンの鱗はしっかりしているため、通常は保存状態が良く、本物そっくりに見えます。

ポイナーは、植物の活力は通常、2つの方法のいずれかで現れると述べました。 早期発芽は2つの中で最も一般的であり、もう1つは、タマネギが母植物の花頭から直接出現する場合など、植物の生命です。

「この化石での種子の生存能力の場合、種子は琥珀色で完全に見える胚の茎を生成した」と彼は言った。 胚軸として知られるこれらの茎が、円錐が琥珀色に覆われる前に出現したかどうかは不明です。 しかし、それらの位置に基づいて、松ぼっくりが樹脂に落ちた後に成長の大部分ではないにしても、いくつかが起こったようです。

「多くの場合、卵を産む刺された昆虫など、生物が樹脂に埋もれた後に何らかの活動が発生する」とポイナー氏は述べた。 「また、昆虫の寄生虫は、宿主が閉じ込められた後、宿主から樹脂に逃げることがあります。松ぼっくりの場合、芽の露出部分を覆う表皮は、天然の樹脂固定剤の急速な侵入を防ぐことができます。」

現存する裸子植物の生存率に関する研究は、この状態が冬の霜に関連している可能性があることを示唆しています。 ポイナー氏は、バルト海の琥珀色の森が湿度が高く暖かい環境であれば、仮説どおり、軽い霜が降りる可能性があると述べた。

「これは植物の種子生存率の最初の化石記録ですが、この事件はこの始新世の記録より少し早く起こった可能性があります」と彼は言いました。 「シダやライコポッドなどの古代の胞子を持った植物で、何億年も前の植物の生命が発生しなかった理由はありません。」

参照:George Poinar Jr.による「始新世バルト海琥珀における松ぼっくりの早期発芽」、2021年11月8日 歴史生物学
DOI:10.1080 / 08912963.2021.2001808

READ  ある研究では、ヒクイドリが指摘されています。世界で最も危険な鳥は、18、000年前に人間によって飼育されました。