Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

環境、社会、企業統治に焦点を当てた日本初の投資ファンドの立ち上げ




環境、社会、ガバナンス (ESG) への配慮が世界的な勢いを増す中、日本のグループ…

ESGへの配慮が世界的に勢いを増す中、日本の投資家グループは、初のESG重視のグローバルベンチャーキャピタルファンドを立ち上げました。

約 1 億 5000 万ドルの目標を定めた資本コミットメントで、この楽しみは MPower Partners ファンドの形で 4 人の日本人専門家によって開始されました。

ウィザーズは、ファンドの立ち上げ時に法律顧問を務めた。 ファンドは、第一生命保険、東京証券取引所上場の保険会社であるSOMPOホールディングス、金融サービス会社である三井住友トラストグループの3つの金融機関を投資家として設立した。

MPower Partners Fund の立ち上げの背後にいる 4 人の金融業界の専門家は、キャシー松井、村上由美子、関美和、鈴木恵理子です。

松井氏はゴールドマン・サックスに26年間勤務し、日本で副社長兼最高戦略責任者の地位に昇進しました。 村上氏は、経済協力開発機構で7年間、東京都の前会長を務めた後、経済産業省の諮問委員会の委員を務め、現在、同諮問委員会の委員を務めています。ハーバード・ビジネス・スクールのボード。

関は以前モルガン・スタンレーとクレイ・フィンレイで働いていましたが、MPowerの初期のマネージングディレクターである鈴木はフレスコキャピタルでベンチャーパートナーとして働き、Mistletoe Investmentsのプリンシパルでした。 UBS に数年勤務し、モルガン・スタンレーの投資銀行アナリストでした。

「MPower Partners を率いるチームは ESG で認知されたソート リーダーであり、今の時代にこれ以上適した投資ファンドは考えられません」と、東京のウィザーズ アドバイザリー チームの共同議長である山本浩司氏は声明で述べています。

MPower Investments は、起業家が持続可能な成長の機会を活用できるよう支援することを目的としており、特に成長段階および後期段階の日本の新興企業に焦点を当てています。 このファンドはまた、海外のヘルスケア、フィンテック、次世代ビジネス、教育、消費者、環境、持続可能性の分野のアーリーステージのスタートアップにいくらかの資本を投資する予定です。

青森吉行、水谷武雄、エリック・ローズが山本とともに東京でウェザーズを率い、ニューヨークではパートナーのデビッド・ゲインとエリオット・ギャラーがアドバイスを提供した。 アシスタントの Erin Gutierrez と Brian Yu がサポートを提供しました。

Addleshaw Goddard による最近の調査によると、ヨーロッパ中の中規模企業も同様です。 持続可能性対策の採用の遅れ 大企業と比べて.

READ  日本はパンデミックに取り組むために追加の予算を調達するために政府に熱心です-ロイター世論調査