Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

男子体操で中国が日本を下す

イングランド、リバプール (AP) – 中国は水曜日に第 12 回男子体操世界選手権で優勝し、消耗戦のように見えた会議でライバルの日本を倒すために、常に印象的ではないにしても強力なトーナメントをまとめました。

中国人は合計257.858ポイントを獲得し、日本人を4ポイント上回りました。 ホストの英国は、あん馬でファウルパックされたセットを克服して銅メダルを獲得しました。

3チームは、中国人だけが悪いパフォーマンスを避けることができたように見えた会議で表彰台を獲得することにより、2024年のパリオリンピックで自動的に出場権を確保しました.

イタリアは 4 位にランクインし、米国は最初のターンであん馬に震えたパフォーマンスを行った後、最後に位置し、完全に回復することはありませんでした。

「私たちは最初の種目(あ​​ん馬)の穴に身を投じ、基本的には元に戻す必要がありました」と、米国男子ハイパフォーマンス ディレクターのブレット マクルーア氏は述べています。 「前回のイベント (フロア) まで、私たちはまだ混み合っていましたが、驚くべきことに、すべてをまとめることができませんでした。それで、彼女はジムに戻り、仕事に戻りました。」

中国は予選では 4 位でしたが、プログラムではいつものように、決勝ではより洗練されたように見えました。 中国は6種目中5種目で三桁・三桁形式で最高得点を記録。

「予選では、時差やその他の理由でベストを尽くすことができなかった」と中国のスター、チャン・プヘンは語った。 「その後、自分たちを調整し、決勝でベストを尽くしました。」

現オリンピック チャンピオンであるロシアは、ウクライナでの戦争のため、現在、FIG および欧州体操連盟が主催するイベントへの参加を禁止されています。

___

その他の AP スポーツ: https://apnews.com/hub/sports および https://twitter.com/AP_Sports

著作権 © アソシエイテッド プレス。 全著作権所有。 この資料は、公開、放送、書き換え、または再配布することはできません。

READ  西インド諸島対イングランド、1日目テスト2ライブストリーム:結果と最新の更新