Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

畑岡奈紗がマラソンLPGAクラシックで首位に固執

NASAハトカは、LPGAクラシックマラソンで金曜日のリードを維持するために、別のフライングストリークを必要としていました。

10アンダー61のオープナーで6回連続バーディーを作った後、22歳の日本人は14-17で4連勝して69をセーブしました。

「私のショットは昨日ほど良くなかった」と畑岡は言った。 「チャンスはあまりありませんでした。問題はたくさんありましたが、最後の部分でそれを修正して、元に戻すことができました。」

彼女のリードは4ストロークから2ストロークにカットされ、アメリカのミナハリゲイは2回目のストレートステルスフリー66に続いて2番目になりました。

畑岡奈紗はハイランドメドウズで130歳未満の12歳だった。 彼女は最初の9in 1を2羽のスズメと3羽のボギーでプレーし、13で別のショットを投げた後、後期の鳥からの爆風と組み合わされました。

「私は衝撃に少し荒れていて、それを理解してリラックスすることができました。そしてそれはそれらの鳥を連れてきました」と畑岡は言いました。

見る| 畑岡奈紗は、マラソンLPGAクラシックを2ラウンドリードしています。

日本のNASA鳩岡は、週末前に2ショットのリードでリードするために、ラウンドの後半に4連勝しました。 2:00

LPGAツアーで3回優勝した選手は、1か月前にオリンピッククラブで開催された全米女子オープン女子選手権でサッソユカとのプレーオフに敗れました。 私は先週、ミシガンで29位タイを終えて休暇を取り、KMPGの女子プロゴルファー協会でカットを失いました。

31歳のハリガエはLPGAツアーで優勝していません。

「ゲームのあらゆる面で本当に自信があり、快適だ」とハリガイは語った。 「すべてがしっかりしていて、すべてが一緒に流れているので、とても気持ちがいいです。」

米国のチームメイトであるアリソン・リーとエリザベス・ゾコルは、それぞれ66ショットで、9歳未満に到達しました。

新しい強気のリーは、5回連続で閉じるデザインの最後の3つの穴を開けました。

「このようにリーダーボードに自分の名前を見たのは本当に久しぶりだ」と彼は私に言った。 「今週末は大会に出場しているので、とても気持ちがいいです。2年も経っていないように見えて、とても気持ちがいいです。」

Szokolはまた、ハイランドメドウズ9の後ろで大きな動きを見せ、#10から始まったラウンドの最後の6つのうち最後の3つと5つを飛行しました。

「私はそれを本当に楽しみにしている-さらに36ホール」とSzokolは言った。 「私はこのゴルフコースが大好きなので、週末がもたらすものを見てください。ファンが戻ってくるのを楽しみにしています。」

他の3人のアメリカ人-ジェニファー・クプショー(65)、ジェリーナ・ビーラー(65)、ローレン・スティーブンソン(69)-は8歳未満で、韓国のドイツ人エスター・ヘンセレット(64)とシーラ・チョイ(66)でした。

クプチョ、ピラー、ヘンセライト、チェも17番と18番をバードした。

「ここに戻ってきたい」とクプショーは言った。 「そこで私はアマチュアとしてプレーしました。これは私の最初のLPGAイベントなので、いつも特別です。ここでプレーするのが大好きです。」

オンタリオ州スミスフォールズのブルックヘンダーソン。 、彼女は70行目で2番目で、2アンダーでした。 ハミルトンのアリナシャープ(73)とカルガリーのジャクリーンリー(73)は、週末の削減を逃します。

ディフェンディングチャンピオンのダニエルカンは65年後に7歳未満でした。

READ  オリンピックのせいで日本企業は困っている