Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

留学生の日本語授業へのアクセスは不平等

留学生の日本語授業へのアクセスは不平等

教育関係者は、留学生の数が増加している一方で、これらの学生が日本のどこに住んでいるかによって、言語学習の機会を同じように利用できないことに懸念を表明しています。

留学生が集中している場所は、最終的により良いリソースとサポートを提供しますが、他の分野は不十分です.

特殊教育支援プログラムYSCグローバルスクールの田中一樹学長は、「(日本語教育が必要な学生への)支援に関しては、地域間で大きな格差があります。 「日本語を教えなければならない生徒の半分は、言語学習のサポートがほとんどない地域に住んでいると思います。」

YSCグローバルスクールは、東京の西、房佐に本拠を置く非営利の青少年支援センターが運営し、外国からの学生に日本語の指導と学習サポートを提供しています。

田中氏は、これらの学生への支援が不足しているのは、地方自治体側で彼らのニーズが認識されていないことが一因であると述べました。

しかし、近年はこうした学生を支援する組織や個人の不足が深刻な問題になっていると指摘する。

「日本語教師の高齢化もあり、日本語を教える学生をサポートできる人材が不足しています」と田中さん。

「以前は、地方の学生にレッスンを提供する際、旅行は障害でした。しかし、オンライン レッスンは、広範囲に分散している学生をサポートするのに多少役立つと思います。」

YSCでは、2016年から対面授業に加え、オンライン日本語授業を提供しています。

全国235名の生徒がスキルレベルに応じたレッスンを受けています。

近年では、自治体による独自の日本語教室の設置も支援しています。

同校は2020年に三重県で日本語のオンライン化の取り組みを開始し、留学生が少ない地域に向けて授業を提供している。

また、11月からは名古屋市教育委員会と連携し、名古屋市の小学生を対象にオンライン日本語教室を実施している。

横浜は「インターナショナルクラス」を導入

10月19日、横浜市の南吉田小学校の階段に日本語、中国語、英語の文字が表示された。 (植松佳香)

10月に文部省が発表した調査によると、日本語の授業を必要とする学生の数は、過去10年間で急増しています。

小中高を合わせた公立学校の生徒数は、2021年度には全国で5万8307人に達し、10年前の約1.7倍となった。

同省の関係者によると、愛知県、静岡県、群馬県など、伝統的に多くの外国人を受け入れてきた地域の地方当局者は、支援が必要であることを知っているため、日本語のレッスンの事前の手配を行っています。

636 人の生徒の半数以上が外国にルーツを持つ横浜市の南吉田小学校は、十分なサポートがあれば、これらの授業がいかに優れているかを示しています。

電話の最後に来てください」と言ってみましょう」と、10月中旬に学校で開催された「国際クラス」で、ある教師が3年生の8人の生徒に話しました.

先生は、学校の運動会で保護者に日本語で招待状を準備している生徒たちに、日本語の書き方のレッスンをしていました。

インターナショナルクラスは、外国人や両親が海外出身の学生など、外国にルーツを持つ学生向けに特別に設計されています。

横浜市では、日本語を教えなければならない生徒が5人以上いる小中学校は、国際授業の開講が義務付けられています。

これは、横浜に住む外国人留学生が、日本全国の他の自治体に比べて、一般的により良いケアを受けていることを意味します。

現在、横浜の小中学校の 3 分の 1 以上、または 194 校で国際的な授業が行われています。

南吉田小学校では、担任と同じようにインターナショナルクラスの担任が一人ずつおり、少人数制のプライベートレッスンを組んでいます。

学生は、サポートが必要な科目のみ国際クラスに参加します。 彼らはクラスで他の生徒と一緒に他の科目を勉強します。

この学校では、日本語を学ぶ 153 人の学生に対応する 7 つの国際クラスを提供しています。

フィリピンの6年生が入学後、インターナショナルクラスを受講しました。

「自分が難しいと思ったことを時間をかけて学ぶことができたので、授業は理解しやすかった」と彼女は言いました。 「私たちはとても小さなグループだったので、意見を述べるのも簡単でした。」

横浜の有名な中華街に近いこともあり、本校には伝統的に多くの中国人留学生がいます。

学校は、外国にルーツを持つ学生をサポートするための多くの制度的知識と経験を蓄積してきました。

「目的の授業以外にも、日本語教師による日本語レッスンや放課後の学習サポートなど、さまざまなサポートを提供しています」と同校の金子正人校長は語った。 「私たちの学校ではボランティアも母国語で学生を定期的にサポートしているため、ここではさまざまな言語が聞こえます。」

学校には現在、22の国または地域からの学生がいます。

一部の生徒はイスラム教徒のコミュニティに属しており、教師は生徒の言語だけでなく、生徒の宗教や食事についても考慮する必要があることを知っています。

「(外国出身の生徒が)私たちの学校に入学すると、保護者が給食や祈りなどについて子供たちのニーズを知るために通訳を提供します」と金子は言いました。

学校は、希望する生徒が昼休み前に未使用の教室で祈ることを許可しています。

豚肉などの特定の食べ物が食べられない生徒は、学校給食の代わりに自分の弁当を持参します。

「他の生徒たちは、お互いの違いを問題なく受け入れています」と金子は言いました。

READ  日本企業が自社の船がイスラエルに反対するイエメン反政府勢力に拿捕されたことを確認