Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

疾病管理予防センター(CDC)は、若者の心停止とコロナウイルスワクチンには関連性がないと発表

疾病管理予防センター(CDC)は、若者の心停止とコロナウイルスワクチンには関連性がないと発表

彼は遊ぶ

米国疾病管理予防センター (CDC) 新しいデータが公開されました 新型コロナウイルス感染症ワクチンと健康な若者の心臓突然死との関連性、またはその欠如に対処する。

評価、 2021年6月から2022年12月にかけて実施され、「心臓病または原因不明」で死亡した16歳から30歳までのオレゴン州人1,292人の死亡証明書とワクチン接種記録を調査した。

米国疾病管理予防センターは、「データは、以前は健康だった若者における新型コロナウイルスワクチン接種と心臓突然死との関連を裏付けるものではない」と判断した。 ワクチンは生後6か月を超えるすべての人に推奨されています。

間違った健康情報: コロナウイルスの蔓延から4年が経った今も、誤った情報により一部のアメリカ人の健康が危険にさらされ続けている。 これがまさにその理由だ。

疾病管理予防センターは心臓病とコロナウイルスワクチンによる死亡を研究している

CDCの分析によると、2021年にワクチンが若者に利用可能になった頃に、特に若年層の心筋炎の報告がワクチン副作用報告システム(VAERS)に届いたという。心筋炎は炎症性心疾患であることが多いという。ウイルス感染によって引き起こされ、炎症や心筋の損傷を引き起こします。

これらの報道は、ワクチンが原因であると示唆される、以前は健康だった若いアスリートの突然死に関するその後のメディア報道と相まって、CDCが調査を開始するきっかけとなった。

疾病管理予防センターは、オレゴン州の死亡証明書と強制予防接種記録を使用して、「突然死」、「不整脈」、「不整脈」として挙げられた死因を持つ16歳から30歳までの人々を特定した。 「心停止」と「心停止」。 心筋炎、うっ血性心不全、不明、詳細不明、または保留中。

オレゴン州の 1,292 件の感染者は性別別に分類され、925 人 (72%) が男性、367 人 (28%) が女性でした。 その後、捜査当局は死亡前 100 日以内のこれらの症例の mRNA COVID-19 ワクチン記録を抽出しました。

  • この研究では、研究に参加した925人の若者のうち、2人が死亡後100日以内にmRNA新型コロナウイルスワクチンの接種を受けており、心臓の診断が死因として除外されなかったことが判明した。
  • この研究では、アル・タラブの若い女性367人のうち、1人の女性が死亡後100日以内にmRNA 新型コロナウイルスワクチンの接種を受けており、心臓の診断が死因である可能性を排除できなかったことが判明した。

ファクトチェック: いいえ、新型コロナウイルス感染症ワクチンに含まれるDNA断片は「重大な安全性懸念」とは関連していません

心臓病のリスクはワクチンではなく新型コロナウイルス感染症後に高まる:CDC

2023 年 7 月 17 日の時点で、オレゴン州における心筋炎の死亡例は VAERS に報告されていません。 さらに、2021年5月1日から2022年12月31日までの期間に、合計97万9,289回の新型コロナウイルス感染症ワクチンが16歳から30歳のオレゴニア人に投与された。

CDCによると、2021年1月から2022年1月までに米国の40の医療システムから収集されたデータによると、5歳以上の人の心臓合併症のリスクは、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後よりも新型コロナウイルス感染後のほうがはるかに高いことが示されたという。

これらの発見は、mRNA ワクチンの安全性と有効性に関する以前の研究と一致しています。 そのため、CDCは、新型コロナウイルス感染症と重篤な合併症や死亡を防ぐために、6か月以上の人にワクチン接種と追加接種を推奨しています。

READ  2023年秋までにペンシルベニア州でメギの販売が完全に禁止される