Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

盆踊り祭りがシャーアラムスポーツコンプレックスを照らします

盆踊り祭りがシャーアラムスポーツコンプレックスを照らします

Shah Alam:土曜日(7月16日)のボンオドリフェスティバルでの楽しいイベントでした。これは、Covid-19の制限により2年間休止した後に行われました。

イベント期間中、日本の夏の浴衣を着た参加者が何人か見られます。

推定35,000人の参加者があり、シャーアラムスポーツコンプレックスは混雑しており、午後4時からメインステージ(ヤグラと呼ばれる)の周りでいくつかのピクニックを開催しました。

高橋克彦駐マレーシア日本大使は、毎年恒例の文化イベントは、日本とマレーシアの友情を促進し強化するための努力として始まったと述べた。

同氏は記者会見で、「今年の祝賀会は、COVID-19を含むさまざまな課題を克服するためのマレーシアと日本の協力を体現しているため、特に重要である。これは、両国が享受している友好的な二国間関係の良い証拠でもある」と述べた。ここ土曜日。 (7月16日)

彼は、日本はマレーシアで4番目に大きな貿易相手国であり、3番目に大きな投資家であると付け加えた。

「ここマレーシアには約1,500の企業があり、セランゴール自体にも多数の企業があります。

「これは雇用機会を生み出し、州と国の経済にも貢献します」と彼は言いました。

同氏はまた、今年は両国間の外交関係樹立65周年とマレーシアの「ルックイースト」政策の40周年を迎えると述べた。

毎年恒例の祭りでは、屋台で売られている多種多様な日本食や飲み物、伝統的な踊りや太鼓の演奏が行われました。

このフェスティバルは、クアラルンプール日本クラブ、クアラルンプール日本学校、在マレーシア日本国大使館が共同で開催し、セランゴール州政府の支援とセランゴールツーリズムの協力を得ています。

READ  最新のスポーツの最新情報