Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

監督:岸田氏は交流する国を歓迎

監督:岸田氏は交流する国を歓迎

主要7カ国首脳は2日目、西日本の都市広島で会合を開く。

日本の岸田文雄首相は、妻の洋子氏との意思疎通を歓迎した。

岸田氏は非加盟8カ国の首脳らを歓迎した。 インドのナレンドラ・モディ首相、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領、オーストラリアのアンソニー・アルバニーズ首相、韓国のユン・ソクユル大統領、マーク・ブラウン首相、クック諸島大統領、コモロのアザリ・アスマニ大統領、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領、ベトナムのファム・ビン・ミン首相。

同首相はまた、国連、国際原子力機関、国際通貨基金、経済協力開発機構、世界銀行、世界保健機関、世界貿易機関の7つの国際機関の代表者を歓迎した。

彼らは土曜日午後に予定されている、世界的な食糧問題や国際的な保健政策を含む「複雑な危機への対応」に関するセッションに参加している。

G7首脳がグローバル・サウスについて議論

土曜日午前の最初のセッションでは、グローバル・サウスとして総称される新興国および発展途上国であるG7以外のパートナーとの関与を強化する方法に焦点が当てられる。

日本の岸田文雄首相はインド、インドネシア、ブラジル、クック諸島、コモロ、ベトナムを含む非加盟8カ国の首脳を招待した。

岸田氏は会合に先立ち、インドのナレンドラ・モディ首相、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダシルバ大統領と個別に会談した。

国際政治の専門家である慶応義塾大学教授の細谷雄一氏は、地球規模の問題に対処するためにG7がこれら諸国と協力すべき理由があると語る。

「G7諸国のGDPに占める割合は、今後数十年でさらに縮小するだろう。これは、国際社会がインド、インドネシア、ブラジルなどの台頭する大国にもっと指示されるべきであることを意味する。これは、重要かつ困難な問題を解決できないことを意味する」 G7諸国だけで解決できる。

同氏はまた、G7とロシア、中国との対立もこの問題の背景にあると述べた。

「グローバル・サウスのますます多くの国が、正義と正当性はロシアと中国にあると感じている。彼らはロシア政府や中国政府の声に耳を傾け、世界で米国の言動に対してより批判的である」 」

しかし、彼はまた、「世界はそれほど単純ではありません。世界はそれほど二元論的ではありません。各国には独自のイデオロギー、歴史的伝統、経済的利益などがあります。したがって、G7かロシアと中国のどちらかを選択するよう彼らに求めるべきではありません。」とも述べています。彼らの経済成長を維持するために、私たちは彼らを助ける必要があると考えています。」

細谷教授は、日本はサミット開催国として、南諸国との協力において重要な役割を果たしていると語る。

「G7は西側のクラブ、西側の裕福なクラブを代表していると見なされるべきではないと感じています。G7はもっと包括的であるべきです。日本は西側諸国ではなく唯一のアジアの国だったため、日本の役割は重要だと思います」 G7。日本の役割は、アジアの文化や伝統的な歴史を伴うアジアの利益や声をG7首脳会議に導入することだと思います。」

サミットスケジュール – 2日目: 5月20日

ワーキングランチのテーマは「経済の強靱性と経済安全保障」です。 首脳らは中国を念頭に、「経済的強制」、つまり輸出規制やその他の国に圧力をかける手段の利用にどのように対応するかを議論するとみられる。 半導体や重要金属などのサプライチェーン強化に向けた協力策も検討する見通しだ。

2日目午後にはインド、オーストラリア、韓国など招待国8カ国の首脳と7つの国際機関の代表が参加する。

招待された国や団体はその後、「アウトリーチ会議」と呼ばれるセッションに参加する。 テーマは「複合危機への対応」。 参加者は世界的な食糧問題、国際的な保健政策、ジェンダー問題について考えます。

2日目最後のセッションのテーマは「持続可能な世界に向けた共同の取り組み」です。 首脳は気候変動、エネルギー、環境問題について意見交換する。

2日目の終わりには、参加者とそのパートナーは交流イベントに招待されます。

G7広島サミット
READ  ワクチンとウイルスの懸念により、アジア株は下落した