Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

知事は日本のアンチウイルス対策が驚くほど弱いことを発見しました

州知事は、最近の新しいコロナウイルス感染の発生を食い止めるための強力な対策を講じていないことで、連邦政府に対して鋭く批判的でした。

最も強力なデルタバリアントが全国に急速に広がっているため、政府は緊急期間を延長し、場所のリストにさらに7つの州を追加することを決定しました。 また、混雑した地域への往復の回数を半分にすることを強く求めているとも述べた。

しかし、その目的は主に、ビジネス施設やデパートの食品プラットフォームへのアクセスを制限することであり、これは政治家が求めている答えよりも少ないものです。

「東京、首都圏、その他の地域での現在の流行状況を見て、政府はそのような行動によって病気の蔓延を制御することができますか?」 吉村洋文大阪府知事は8月17日に記者団に尋ねた。 「彼らは強力な措置を講じるべきだと思う。」

吉村氏は、大阪州の重篤な患者の病床占有率が50%に達すると、大企業は施設を要求し、企業や企業がイベントをキャンセルすることを停止すると述べた。

「私たちは錠​​のようなことをしなければなりません」と彼は言いました。

東京、埼玉、シバ、金川の各政府は、連邦政府に対し、スーパーマーケットやその他の場所での歩行を厳しく制限し、鉄道や航空機の使用を制限するよう求めています。

「連邦政府が足の交通を管理するための抜本的な対策を講じることができなかったことに非常に失望している」とカナグア州知事のクロワ・ユウジ氏は8月17日のワーキンググループ会議で語った。

「知事の声は行動に反映されなかった」と彼は記者団に語った。 「私は連邦政府(と私たち)の間にギャップを感じました。それは衝撃的です。」

非常事態宣言は茨城県で8月20日に発効します。 しかし、8月3日に非常事態を宣言するよう政府に要請したにもかかわらず、州は現在、非常事態前の措置を講じています。

8月3日現在の州の週あたりの新規症例の1日平均は189でした​​。 これは8月17日時点で266件に増加しています。

連邦政府は再び連邦政府に8月13日に非常事態を宣言するよう要請した。

8月16日、茨城県知事の及川一樹子が非常事態宣言を発令した。

「状況は壊滅的なレベルに達した」と彼は言った。

茨城県の高官は、非常事態宣言を県に届けるのに時間がかかりすぎると述べた。

「時間が遅いと思う」と当局者は言った。 「デルタ分散のためにトランザクションの速度が速いことを彼らが知っていることを願っています。彼らは同時に彼らの操作をしなければならず、彼らを追い出さないでください。」

(この記事は石塚宏とケジカヨコによって書かれました。)

READ  日本の北海道のプルーフグラウンドで日産アリアをチェックしてください