Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

石油が100ドルに向かって競争する中、インド、米国、日本はOPEC +にそれで十分だと言っています

過去1年間で、石油消費国は原油への返還についてますます懸念を抱くようになりました。最初は1バレル50ドル、次に75ドル、そして今では85ドルを超えています。 そして、OPEC +カルテルのリーダーの1人であるウラジーミルプチンが1バレル100ドルが明確な可能性であると警告したとき、警報ベルが実際に鳴り始めました。

現在、インフレの加速により一部の中央銀行は予想よりも早く金利を引き上げようとしているため、インド、日本、その他の消費国は、ここ数年で最も強い外交圧力を組合に及ぼしています。

通信に関与したいくつかの外交官や業界関係者によると、密室で、OPEC +に生産の増加を加速するよう説得するための激しいキャンペーンが行われています。 政策を検討するために実際に11月4日に会合するカルテルは、現在、毎月平均40万バレルの生産量を増やしています。

民間の努力は、最近の公の訴えの上にあります。 バイデン政権は、7年ぶりの高値に達したガソリン価格の上昇をますます懸念しており、OPEC +に数週間にわたってより多くの石油を汲み上げるよう求めています。 世界第4位の石油消費国である日本は、2008年以来の東京初の10月下旬にこれらの呼びかけに声を加えるという珍しい一歩を踏み出しました。第3位の石油消費国であるインドも原油の増加を要求しました。 外交官は、中国は公の場では沈黙しているが、私的な場でも同様に騒がしいと述べた。

米国のトップエネルギー外交官であるアモス・ホッホシュタイン氏は今週、大規模な石油消費国が広く抱いている見解を反映して、「私たちはエネルギー危機に陥った」と述べた。 「生産者は、石油とガスの市場のバランスが取れていることを確認する必要があります。」

グラフ

アメリカ人、日本人、インド人の当局者は、彼らの間で個人的に話し、他の主要な消費者や産油国ともコミュニケーションを取りました。 連絡は約3週間前に始まりましたが、価格が1バレル85ドルを超えた後、最近は激化しています。

日本石油連盟の杉森務会長は、「日本政府は現在、産油国に中東での増産を求めている」と語った。 「石油産業として、OPECを含む産油国が世界経済の完全な回復を妨げないように適切な措置を講じることを望んでいます。」

これまでのところ、サウジアラビアなどはこれ以上の前進を拒否しており、パンデミックの傷を癒し続けている世界経済において、月に40万バレルを追加するだけで石油への欲求を満足させることができると主張しています。

サウジアラビアのエネルギー相、アブドゥラジズ・ビン・サルマン王子は先週、ブルームバーグテレビで「我々はまだ森から出ていない」と述べた。 「私たちは注意しなければなりません。危機は封じ込められていますが、必ずしも終わっているわけではありません。」

王子のコメントは、世界の石油供給の約3分の2を占める同盟であるOPEC +内の他の人々によって私的および公的に繰り返されました。 たとえば、アゼルバイジャンのエネルギー大臣Parviz Shahbazovは、生産をこれ以上早く立ち上げるために急ぐ必要はないと述べた。 「私たちは、今後数ヶ月間、非常に賢明で賢明なプログラムに合意しました」と彼は言いました。

サウジアラビアは、その後40万バレル/日のハイキングを約束すれば、その道を見つける可能性があります。 多くのOPEC +職員にとって、彼らは彼らが作成しなかった危機のスケープゴートにされています。 彼らは、問題は石油ではなく、天然ガスと石炭の価格の上昇にあり、それが電気料金の上昇につながっていると主張している。 カルテルがスピードアップしたとしても、この欠陥を解決することはできないと彼らは言った。

会議の前に匿名を要求したOPEC +の代表者の何人かは、サウジアラビアが主導権を握れば、グループの一部のメンバーはもっと多くのことをすることにオープンになるだろうと述べた。

気分の変化

今年のほとんどの期間、石油消費国はOPEC +が十分に機能していることに同意しました。 しかし、原油価格が1バレル70ドルから85ドル以上に上昇し、先進国の原油在庫が過去2か月で急激に下落した後、気分は変わりました。 現在、消費国の当局者は、石油市場が不足していると信じています。

多くの消費国は、スコットランドのグラスゴーで開催されるCOP26として知られる主要な国連気候変動サミットに先立ち、追加の石油生産をもっと公然と求めることを躊躇してきました。 しかし、この知覚の問題でさえも薄れ始めています。 米国国家安全保障問題担当補佐官のジェイク・サリバンは、ワシントンが気候変動と戦い、近い将来の経済成長を支えるのに十分なエネルギーがあることを保証できることを明らかにしました。

「私たちの見解は、世界の回復が需要と供給のミスマッチによって危険にさらされるべきではないということです」とサリバンは今週のG20サミットのためにローマに向かったときにエアフォースワンに乗って言った。 「行動を起こさなければならない」と彼は述べ、米国の外交官は「中国、インド、日本、韓国、ヨーロッパ人などを含む世界最大の消費国」と接触していると述べた。

サリバン氏は、ジョー・バイデン大統領は「G20でこれらの会談を行う」と述べた。 「それらの話し合いの結果として何が出てくるかを見るでしょう。」

READ  日本経済は変化するオリンピック計画に対処できる:国際通貨基金| ビジネスと経済のニュース