Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

石油はOPEC +会議に先立って今年最大の月間損失に向かう| ビジネスと経済のニュース

OPEC +は、2022年に黒字が見込まれ、生産が増加し続けているにもかかわらず、今年は供給不足が見込まれています。

ブルームバーグ

投資家が追加のOPEC +生産の可能性とハリケーン・アイダ後の米国原油生産の回復に賭けているため、石油は10月以来最大の月間損失に向かっています。

West Texas Intermediateはニューヨークで1.3%減少し、今月は約7%減少しています。 メキシコ湾の原油生産者は、アイダがルイジアナに上陸した後、徐々にサービスを再開することが期待されていますが、地元の製油所は戻るのが遅いかもしれません。

一方、アジアのデータは、ここ数ヶ月の変動するデルタ発生の影響を示し続けています。 中国のサービス部門は縮小しましたが、製造業の数は予想を上回りませんでした。 政府のデータによるブルームバーグの計算によると、日本の7月の石油需要は2019年の水準から約8%減少しています。

石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国は水曜日に会合し、パンデミックが続く中、世界市場と需要の期待を評価します。 同盟は、2022年に黒字が回復すると予想されているものの、生産を増やし続けているにもかかわらず、今年は供給不足を予想しています。

石油は、投資家が世界的な健康危機の最近の変動と米ドルの変動に反応したため、8月の混乱に苦しみ、連続した数週間で上昇と下降を繰り返しました。 米国のベンチマークは今月下落しましたが、在庫は着実に減少しており、主要な輸入国である中国を含む一部の国は、デルタ代替の発生を制御することができました。

Saxo Bank A / Sの商品戦略責任者であるOleHansen氏は、「OPEC +の前にいくつかの緊張があり、ハリケーンIdaが需要に短期的に悪影響を及ぼしたが、供給には影響を与えてはならない」と述べた。

価格:

  • ニューヨークで午前9時8分までに10月納品のウェストテキサス中間原油は91セント下落して1バレル68.30ドルとなった。
  • 10月の和解のブレント原油は0.8%下落して1バレル72.84ドルとなった。
  • 最も活発だった11月の契約は1バレル71.50ドルに下落した。

江田の影響を受けたエネルギー会社は、操業を再開するために動いた。 コロニアルパイプラインは、月曜日の夜にテキサスからノースカロライナへのライン1ガソリンとライン2ディーゼルおよびジェット燃料を再開すると述べた。

火曜日のデータは、デルタ変数の広がりをチェックするための北京の動きの制限が成長のペースに影響を与えているように見えることを示しました。 公式の製造業PMIは、7月の50.4から50.1に低下し、ブルームバーグのエコノミスト調査の平均推定値をわずかに下回りました。

READ  ニュースナビゲーター:「ワクチンパスポート」とは何ですか?また、どの国が日本パスポートを受け入れますか?