Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

石炭火力発電所の全廃~日本発の脱炭素技術を活かして~

石炭火力発電所の全廃~日本発の脱炭素技術を活かして~

脱炭素化に向けて、二酸化炭素を大量に排出する石炭火力発電所を段階的に廃止しようとする動きが国際的に高まっている。

日本が石炭火力への依存を減らすため、新たな脱炭素技術を開発することが期待されている。

先進7カ国(G7)国の気候・エネルギー・環境相は、二酸化炭素排出量削減に向けた措置を講じていない石炭火力発電所を2035年までに段階的に廃止することで合意した。 このようなキャンセルの期限が明示的に設定されたのは今回が初めてである。

日本の石炭火力発電所の多くは二酸化炭素排出量削減に十分な対策を講じていないと言われています。 このための対策を早急に講じる必要がある。

昨年12月の国連気候変動会議COP28で採択された成果文書では、この10年間に化石燃料からの移行に向けた行動を加速することが明確に求められている。

今回、G7は化石燃料廃止への道筋をより明確にした。 G7諸国は先進国と同様に気候変動対策を主導する姿勢を示したと言える。 地球温暖化が進む中、石炭火力発電の廃止を最優先で推進することが重要です。

G7合意では、電力の安定供給に支障をきたす場合など各国の事情を考慮し、石炭火力発電所については2035年以降も運転を継続する余地も残した。

現在、日本の電力供給量の30%を石炭が占めています。 電力の安定供給を確保しつつ、石炭火力発電所からの二酸化炭素排出量を着実に削減するための対策を講じるべきである。

燃やしても二酸化炭素が発生しないアンモニアと石炭を混ぜて発電する技術の開発が、日本で急いでいます。 同国は、2040年代に石炭燃料を完全にアンモニアに置き換える可能性を検討していると伝えられている。

また、日本は、発電所から排出される二酸化炭素を回収し、地中に閉じ込める二酸化炭素回収・貯留技術の2030年までの実用化を目指しています。

日本のこうした取り組みは、石炭火力発電所の稼働を継続する方法として一部の西側諸国から批判を集めている。

しかし、アジアの新興国を含む多くの国が石炭火力に依存しています。 日本が新たな炭素除去技術を創出すれば、それらの国の経済発展と地球温暖化防止に必ず貢献できる。

今年度改定される政府のエネルギー戦略計画も焦点となる。

2021年にまとめられた現行計画では、2030年度のエネルギーミックス目標において、国内電力の19%を石炭火力発電でまかなうことを定めている。 2035年度にはさらに削減されることが見込まれています。

代替エネルギー源として、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源を拡大する必要がある。 二酸化炭素を排出しない原発の再稼働を政府が強力に後押しすることも必要だ。

(読売新聞 2024年5月9日より)

READ  中国の手の届かない冷戦技術の「最も複雑な機械」