Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究によると、COVID-19ワクチンは、抗ワクチンによって増幅された心臓の炎症を引き起こし、誤算のために撤回されました

サイエンスフォトライブラリ/ゲッティイメージズ

  • プレプリント研究では、1,000人に1人のCOVID-19ワクチン接種者が心筋炎を発症する可能性があると報告されています。

  • この研究は、心臓病のリスクを誤って計算したため中止されました。

  • COVID-19を入手するのは安全であり、ワクチンよりもCOVID-19から心筋炎を発症するリスクが高くなります。

プレプリント研究はMedRxivで最初に公開され、心筋炎を発症するリスクが1,000分の1であると主張しました。 COVID-19に対する予防接種 誤算により取り下げられました。

MedRxivは、まだ査読されていない研究を公開しているWebサイトです。 ロイターによると。

この研究は9月16日に最初に発表され、オタワ大学心臓研究所の研究者によって実施されました。 それはその考えを促進するために広く使われました COVID-19ワクチン 安全に使用できません。

COVID-19ワクチンは安全ではないという考えを広めるために廃止された研究を使用している2つの記事。

COVID-19ワクチンは安全ではないという考えを広めるために廃止された研究を使用している2つの記事。 インサイダー/フェイスブック/解説

しかし、計算ミスのために研究は撤回されました、 ロイターは報告した。

心筋炎(心臓の筋肉の炎症)の発生率は、オタワでのCOVID-19ワクチン接種の数を心臓病の症例数で割ることによって計算されました。

彼らの計算によると、心筋炎を発症するリスクは1,000人に1人、つまり0.1%でした。

しかし、この研究で使用された数値は間違っていました。 著者らは、提供されたワクチンの量を大幅に過小評価しており、実際の量の25分の1でした。

彼らは当初、提供されたワクチンの数は32,379であると述べましたが、実際には854,930でした。

この誤算の結果、研究は9月24日に研究者とともに取り下げられました。 声明で言う:「報告された発生率は、分母が正しくないために大幅に膨らんでいるようです(つまり、調査期間中に服用した線量の数)。OpenOttawaで入手可能なデータを確認したところ、実際に大幅な過小評価があったことがわかりました。 、80万回以上の服用回数で

「誤解を招く同僚や一般の人々やマスコミを避けるために、著者は、誤った感染データに基づいてこの論文を撤回することを全会一致で望んでいます」と彼らは付け加えました。

オタワ大学ハートインスティテュートも 謝罪の声明を発表 この調査の結果として広められた誤った情報について。

CDCであるDatalinkSafetyDatalinkのデータを使用する ロイターは助言した 他の研究では、すべての年齢層を考慮した場合、「心筋炎/心膜炎とmRNAワクチンの間に有意な関連性」はないことが示されましたが、若い男性の間では「mRNAワクチンと若い個人の心筋炎/心膜炎の間に関連性がある」と警告されました。

しかし、 若年成人における心筋炎の有病率に関するプリプレス研究 それらは、ワクチンよりもCOVID-19によって引き起こされる心筋炎を発症する可能性が6倍高いことがわかっています。

CDCは、COVID-19ワクチンの既知のリスクが利益をはるかに上回っていることを指摘し、ワクチン接種を受けることの重要性を引き続き強調しています。

の元の記事を読む 貿易に興味がある

READ  中国は火星への非常に野心的な着陸を試みようとしています