Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究者らは日本の人里離れた場所で発見された新種のクラゲについて説明している

研究者らは日本の人里離れた場所で発見された新種のクラゲについて説明している

この記事は Science X による査読を受けました 編集プロセス
そして 原則
コンパイラ 彼らは、コンテンツの信頼性を確保しながら、次の属性を強調しました。

ファクトチェック済み

信頼できる情報源

検証

科学者たちは、その腹部が聖ジョージの十字架に似ていることから、このクラゲをサンジョルディア・ページシと名付けた。 クレジット: Dhugal John Lindsay/JAMSTEC

× クローザー

科学者たちは、その腹部が聖ジョージの十字架に似ていることから、このクラゲをサンジョルディア・ページシと名付けた。 クレジット: Dhugal John Lindsay/JAMSTEC

研究チームは、深さ812メートルで発見された珍しいタイプのメドゥーサの記述を発表した。 この動物は、小笠原諸島の深海火山系である隅巣カルデラで2回だけ目撃されている。 直径約10センチで、聖ジョージの十字架に似た赤い腹をもつこのゼラチン状の動物は、新たに記載されたクラゲ科の種、サンジョルディア・ページシである。 メデューサは、自由に泳ぎ、短い茎を持つ傘の形をしたクラゲの一種です。

新種が論文で報告される 発行済み 日記で ジュダクサ

この論文の最後の著者であるアンドレ・モランディーニ氏は研究チームの一員だった。 彼はサンパウロ大学生物科学研究所 (IB-USP) の動物学の教授であり、同大学の海洋生物学センター (CEBIMar) の所長でもあります。 他の著者は、日本の海洋研究開発機構 (JAMSTEC) と日本の沖縄科学技術大学 (OIST) の研究者です。

セント ジョージ クロス メドゥーサは、その名のとおり、東京から 460 km 南にある小笠原諸島の隅水カルデラにのみ生息しています。 カルデラは、直径約 10 km、深さ 812 m の熱水活動が活発な海底火山系です。

「この種は、これまでに発見されているすべての深海クラゲとは大きく異なります。この種の環境に生息する他のクラゲは非常に大きいのに対し、この種は比較的小さいです。その腹部の明るい赤色は、食物を捕まえることに関連している可能性があります」とモランディーニ氏は説明した。 。

すべてのクラゲと同様に、S. ファージも透明で、腹部が真っ赤なので、飲み込まれた後は生物発光生物が捕食者に見えないようになっています。 生物発光(生物による発光)は、深海の暗闇ではよく見られます。

種名 Pagesi は、最近亡くなったバルセロナ在住のクラゲ分類学者 Francesc Pages 博士に敬意を表して選ばれました。 著者らは、メドゥーサがクラゲ科ウルマリ科の新しい属(サンジョルディア、セントジョージ・カタロニア語)および亜科(サンジョルディナエ)に属すると判断した。

遠隔操作の水中ロボット ハイパードルフィンが、クラスター内の唯一の新種の標本を捕獲した瞬間。 クレジット: Dhugal John Lindsay/Jamstec

× クローザー

遠隔操作の水中ロボット ハイパードルフィンが、クラスター内の唯一の新種の標本を捕獲した瞬間。 クレジット: Dhugal John Lindsay/Jamstec

希少で入手困難

新種の発見には通常、複数の標本の収集が必要だが、S.ペイジシは非常に稀少で収集が難しいため、説明は単一の標本に基づいているが、科学者らは近くにある別の標本を調べる今後の研究を楽しみにしている。 深海でグループのメンバーをさらに見つけます。

この標本は、2002年に遠隔操作探査機(ROV)ハイパードルフィンが墨巣カルデラへの潜水中に捕獲したもので、この種の特殊な機器を備えた科学探検隊のみがアクセスできる。 2020年にKM-ROVが撮影するまで他の標本は発見されていなかったが、同種の別の個体は採取できなかった。

「私たちは、鉱物が豊富な基質と商業開発の可能性を備えた場所に存在する種について説明を公開し、注目を集めることにしました。残念ながら、そのような場所での研究はパートナーなしでは実施できません。このような種類の関心があります」とモランディーニ氏は述べた。

近縁種とも大きく異なるため、研究者らはS.ペイジはこれまでに発見されたものとは異なる毒を持っている可能性があると考えている。

「誰にも分かりません。そこには、その場所から採掘できるすべての鉱物資源よりも価値のある秘密が隠されているかもしれません。これらすべてには、種とその場所を無傷で保つという利点があります」とモランディーニ氏は語った。

詳しくは:
DHUGAL JOHN LINDSAY et al、Sandjordinae の ulmarit Cyphomedusae の新しいサブファミリー、Sandjordia Pagesi gen の説明付き。 など。 11月 (刺胞動物目: 刺胞動物目: ディスコメドゥス科: セマオストメ科: ウルマリ科) 小笠原諸島隅巣カルデラ、日本 ジュダクサ (2023年) DOI: 10.11646/zootaxa.5374.4.5

READ  日本のANAとJAL、伊藤忠商事との契約でジェット燃料の定期購入を拡大