Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究:経口避妊薬を服用した女性と思春期の少女はうつ病のリスクが増加した

研究:経口避妊薬を服用した女性と思春期の少女はうつ病のリスクが増加した

女性の健康

2023 年 6 月 12 日 | 午後5時59分

経口避妊薬を服用している女性は、特に服用開始直後にうつ病を経験する可能性が高くなります。

これは26万4,000人以上の女性を対象とした大規模研究の結果の1つで、10代の少女が最も危険にさらされていることが判明した。

実際、経口避妊薬を使い始めたときに10代だった女性は、うつ病になる率が130%高かった。

研究著者らによると、成人ユーザーの増加率は92%だったという。

スウェーデンのウプサラ大学免疫学・遺伝学・病理学教室のテレーズ・ヨハンソン氏は、「思春期の若者に対する経口避妊薬の強力な効果は、思春期によるホルモン変化によるものと考えられます」と話す。 彼はプレスリリースで言った

「その年齢層の女性はすでに重大なホルモンの変化を経験しているため、ホルモンの変化だけでなく、他の人生経験もより受け入れやすくなる可能性があります」とヨハンソン氏は付け加えた。

この新しい研究は、 疫学と心理科学に掲載、経口避妊薬の使用とうつ病との関連性を発見した以前の研究に追加されます。


研究者らは、10代の少女は経口避妊薬を服用した後、さらには服用を中止した後でもうつ病を発症する可能性が高い可能性があることを発見した。
ゲッティイメージズ

ある JAMA Psychiatry誌で2016年の報告書を明らかにした ホルモン避妊薬の使用は、その後の処方抗うつ薬の使用やうつ病の診断と関連していることが多いという。

そして2019年、別の研究では、経口避妊薬を服用している16歳の少女は、経口避妊薬を使用していない同年齢の十代の若者よりも、泣き叫ぶ、不規則な睡眠、摂食の問題をより多く報告していることが判明した。

最新の研究では、英国全土の50万人以上の参加者からの遺伝情報と健康情報を含む生物医学データベースである英国バイオバンクのデータが使用された。

研究者らは、ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンに似た化合物であるプロゲステロンを含む併用経口避妊薬を研究しました。


うつ病のリスクにもかかわらず、専門家はホルモン避妊薬がほとんどの女性にとって安全な避妊方法であることに同意しています。
ゲッティイメージズ/iStockphoto

この研究では、女性が最初の2年間経口避妊薬を使い続けると、うつ病率の増加が減少したことが明らかになった。

しかし、10代の避妊薬使用者は、服用を中止した後でもうつ病の発症率が高かった。 この効果は、成人の経口避妊薬使用者には見られません。

こうしたリスクにもかかわらず、研究著者らは、ほとんどの女性がホルモン避妊薬を使用しており、有害な副作用はほとんどない、と指摘している。

「ほとんどの女性は気分に悪影響を及ぼさずに外因性ホルモンによく耐えることを強調することが重要です。そのため、合剤は多くの女性にとって優れた選択肢です」とヨハンソン氏は述べた。

さらに、「避妊薬のおかげで、女性は予期せぬ妊娠を避けることができ、また、卵巣がんや子宮がんなど、女性が罹患する病気を予防することもできる」と付け加えた。

「避妊薬は女性にとって多くの利点がありますが、医療従事者と患者は、この研究と以前の研究で特定された副作用について知らされるべきです。」


もっと読み込む…




https://nypost.com/2023/06/12/women-teens-who-take-the-pill-have-raised-depression-risk-study/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium=site%20buttons&utm_campaign=site%20buttons

共有URLをコピーする

READ  ニューヨークのあなたの場所での日食のタイミングを調べてください