Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説:円安は日本経済構造の立て直しへの警鐘

日本円は底入れの兆しを見せていない。 急速なドル安は、世界中での米ドル高の結果であるだけでなく、世界第 3 位の経済が弱体化する中、世界市場が「日本を売っている」ことを示しています。 日本政府や金融界は危機感を持って対応すべきだ。

円は最近、米ドルに対して一時的に 150 円台まで下落しました。これは 32 年ぶりの安値です。 主な理由は、日米の金融政策の違いでした。 米国連邦準備制度理事会は、インフレの抑制に重点を置き、金利を大幅に引き上げ続けています。 それどころか、日銀は経済を支えるために超緩和的な金融政策を維持しました。

私たちが目の当たりにしているのは、より高い金利のドルに対する需要が生じ、その結果、日本円が弱くなっている状況です。 また、他の先進国・新興国の通貨と比較しても円安が目立ち、日本経済の構造的な弱さを示していると考えられます。

資源の乏しい国である日本は、エネルギーや多くの食料を他国に依存しています。 原油などの輸入コストが上昇した後、日本は2022年度上半期に記録的な貿易赤字を記録した。

輸出も伸びているが、「メイド・イン・ジャパン」の商品が昔に比べて少なくなっているため、日本は輸入で赤字をカバーできていない。 日本の企業や金融関係者は円を売って、ドルで輸入を賄う。

日本政府と経済界はこれまで円安を歓迎してきた。円安は日本の輸出拡大と円に転嫁された海外利益の拡大に貢献するからである。 安倍晋三前政権が主導した「アベノミクス」経済政策ミックスは、金融緩和の実施を通じて円安を推進することを意図していた。

アベノミクスはすでに、日本の多国籍企業を中心に利益を生み出すのに役立っています。 しかし、円安が進んでも日本企業の進出は続き、国内産業の「荷揚げ」は改善されませんでした。 日本企業も十分な賃上げを行うことができませんでした。

円安により輸入コストが上昇し、日本のインフレ率は 31 年ぶりの最高水準に達しました。 これは、在宅ビジネスと財政に圧力をかけます。

日本政府は、商品価格の上昇に対抗するためにガソリン価格に補助金を出し、電気とガスの価格を抑えるための対策を講じる計画を立てています。 しかし、その場しのぎの策略では、日本経済の沈没は止まらない。 日本にとって、経済構造を抜本的に立て直すことは非常に重要です。

たとえば、事業主は脱炭素化とデジタル化のプロジェクトにもっと力を入れて、世界の主流で前進する必要があり、政府はこれらのイニシアチブをサポートしています。 今必要なのは、日本の経済力を強化するための戦略です。

READ  アジア市場は米国の雇用報告に先立って下落