Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説:北京ゲームの混乱の中で進行中の日中対話が必要



日本政府は、2022年2月に始まる北京オリンピック・パラリンピックへの政府高官の派遣を断念することを決定した。代わりに、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会、橋本誠子、日本オリンピック委員会委員長山下康弘、そして、日本のパラリンピックは、来年の冬季オリンピックで森和幸委員長として出席することを決定しました。

米国はすでに2022年冬季オリンピックの「外交ボイコット」を開始しており、新疆ウイグル自治区やその他の地域での中国の人権問題などの理由に基づいて外交代表を派遣することはありません。

岸田文雄首相は、ワシントンの決定に賛成だと述べたが、閣僚を務めた橋本首相を冬季五輪の開会式に送ることで、北京との最終的な対立を回避できると考えた。

彼の決定は現実的と言えます。 また、中国はそれに強く抗議していません。

グループ・オブ・セブンの主要経済国は、ワシントンの外交的ボイコットに対してさまざまな反応を示しています。英国、オーストラリア、カナダが米国の主導権を握っている一方で、フランスとイタリアは距離を保っています。

岸田文雄は記者団に対し、これは彼自身が行った包括的な決定であると保証し、「外交ボイコット」という用語の使用を拒否した。 中国がその対応に抗議し、報復した場合、日本経済への潜在的な悪影響を懸念していたと言っても過言ではない。

さらに、首相は自民党の内政を認識していた。

自民党の一部の党員は岸田文雄と林芳正外相に不満を持っており、中国に対して「寛大すぎる」と主張している。 このような状況下で、一部のメンバーは首相が外交ボイコットを進めるために早期の決定を下すことを要求した。 現職の閣僚を送り終えた場合、彼は自分の党からの反発の危険を冒した。

自民党の一部の議員は、中国を視野に入れて人権侵害を非難する議会の決議案を可決するために取り組んでいます。 最近延期された臨時会には提案が出されなかったものの、岸田政権にとって中国への政策は今後も課題となるだろう。

2022年は、日中外交正常化50周年を迎えます。 二人の隣人の間に安定した関係を築くためには、継続的な対話が不可欠です。

岸田首相は就任以来、「中国に何を言わなければならないかを言う」と繰り返し強調してきた。 しかし、彼がまさにそれをしているのを見ることはめったにありません。

岸田文雄氏の国内外の冬季五輪決議を理解するために、岸田文雄氏の「言わなければならないことを言う」外交を実行に移すために、首脳会談を行う方法を模索する時が来た。

READ  燃料危機:英国のビジネス大臣は、150人の兵士が数日以内にタンカーを率いるために動員されたと言います-Mubasher | 仕事