Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説:日本のエンターテインメント部門は作品を翻案する際に著作権を保護しなければならない

社説:日本のエンターテインメント部門は作品を翻案する際に著作権を保護しなければならない






日本テレビ放送局ビル 2023年4月24日午後、八代久典撮影

日本のエンターテインメント業界は、原作者の権利を無視することが多い古い慣習を改革する必要がある。

漫画ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんの死去を受け、SNS上で問題が表面化している。 ドラマを制作した日本テレビ放送網と漫画の出版社である小学館の両方が内部調査報告書を発表した。

原作者とドラマ制作陣との間に緊張が生じ、脚本家が降板し、最終2話は芦原自身が執筆した。 これらの詳細は注意深く文書化されています。 しかし明らかになったのは、オリジナルコンテンツがどの程度尊重されるかについての認識の違いだ。

芦原監督はドラマ化の条件として、漫画に忠実であることを挙げていた。 原作が未完だったため、テレビ版の結末のプロットとセリフも提供させてほしいとの要望もあった。 しかし、日本テレビはこれを契約上の「条件」とはみなさず、脚本家に伝えなかった。 その結果、初稿は芦原のオリジナル版から大きく乖離したものとなった。 細かい修正のやりとりが絶えず行われたことで、芦原氏は放送局に対する不信感を募らせたのだろう。

高視聴率ドラマを作ることを優先する日本テレビと、作品の本質を守りたい芦原監督との意思疎通が不十分だったのは明らかだ。

本や漫画のドラマ化の際に翻案されることは珍しくありません。 ただし、オリジナルの作者には「整合性の権利」、つまり、望ましくない改変に対して創作物の同一性を保持する権利があります。 芦原は特に「作品の根底にある重要なテーマ」から逸脱する変更を懸念していた。 日本テレビが著作権をどこまで理解しているかは疑問だ。

この問題の背景には、放送前の書面による契約ではなく、口頭による合意に依存する業界の慣行がある。 作品が画面に適応される条件を明確に定義し、文書化する必要があります。

両者は製作期間の短さの問題点も指摘した。 企画提案から初回放送まで約半年しかなかったので、脚本の内容との整合性を図る余地はほとんどありませんでした。

ネット配信の人気の高まりによりドラマ制作数が増加する中、原作者や脚本家の権利を守りながら、視聴者に楽しんでいただける作品を丁寧に制作する環境整備が不可欠です。

READ  SAOプログレッシブが11月26日から日本でドルビーシネマ上映を開始-ニュース