Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

社説:贈与スキャンダルで元大臣が辞任、自民党への自己満足のしるし



菅原一長元経済産業相は衆院に辞表を提出した。 この動きは、菅原氏が選挙区の有権者に寄付をしたとして、公職選挙法で禁止されているとして起訴される可能性がある中で行われた。

菅原氏は、葬儀に花を贈り、秘書に葬儀で金銭的な贈り物を受け取っていたことを認めた。 また、境内で行われた一連の行事に数十万円(数千ドル)を渡した疑いも浮上した。

政治家の基本的なルールは、有権者にお金やその他の贈り物を与えてはならないということです。

有罪となれば、菅原氏は立法権と立法権を失う。 前商務長官の辞任は、彼が窮地に陥ってからであり、遅すぎたと言わざるを得ません。

昨年、東京地検特捜部は菅原容疑者への供花や電は罪に問われるほどの悪質ではないとして裁判を取り下げた。

その後、市民で構成された検察調査委員会は、彼を起訴することを決定した。 捜査の再捜査では、特別捜査班が菅原容疑者が事件で金をばらまいた疑いが明らかになり、略式起訴に至った。 最初の調査中に最大限の努力が払われたかどうかについては疑問が残ります。

退任する議員は、記者会見を開かずに謝罪だけを発表した。 彼はコメントの中で、判決が検察によって出されたものではなく、現在、コロナウイルスのパンデミックの真っ只中にあるという理由で、日本の国民に直接説明することを差し控えると述べました。

しかし、菅原氏が説明責任を果たさず立ち去る事態は容認できない。

過去半年の間に、4 人の国会議員が政治資金の問題で与党の自民党を辞任した。

すべての辞任には、安倍晋三前首相の政権時代の元閣僚や前内閣と関係の深い議員が関係していた。 最近の進展は、長期的な経営陣の自己満足の結果である可能性があります。

菅官房長官は菅義偉首相の側近であり、商務大臣に就任した際にも支持を得た。 菅氏の政治的立場も問われ、自民党の責任は重大だ。

菅原氏がカニやスイカなどを有権者に送ったという報告は、過去に別の事例もある. しかし、自民党は捜査を開始せず、起訴猶予処分を受けて衆院厚生労働委員会の委員長に就任した。

政治資金の問題については、自民党の二階俊博幹事長が「大々的に浄化された」と述べた。 彼はまた、選挙にはお金が必要であり、これは政治家だけの責任ではないという声明を出しました。

この認識は、多くの懐疑心を必要とします。 このような自民党内の姿勢が改善されなければ、日本の政治への不信感は深まるばかりだ。

READ  忙しい経済カレンダーは、ユーロ、カナダドル、ドルにスポットライトを当てます